ジュースワールドが急死?なぜ?

↑ジュースワールド/lucid dreams

ラッパーのジュース・ワールドが死亡した。

なぜだ?


12月8日、米シカゴのミッドウェイ空港で発作を起こし、21歳の若さで生涯を閉じたと米ゴシップサイト・TMZが伝えている。

若いのに突然死ぬ事は稀にある。

しかし、人気のラッパーが急死するなんて疑惑がある。

病死か?
オーバードースか?
毒殺か?

真相はわかない。

ジュースこと本名ジャラド・アンソニー・ヒギンズは、飛行機でカリフォルニアからシカゴに到着後、空港内を歩いている最中に発作を引き起こしたという。警察の報告書によると、救急隊が駆け付けた際、ジュースの口から血が流れていたそうで、その後、病院に駆け込むも、死亡が確認されることとなった。
また、直接の死因及び、発作の原因については現在のところ明らかにされていない。
メジャーなレーベル所属ミュージシャンとしてのキャリアが始まったばかりのジュースだったが、2018年「ルーシッド・ドリームス」でチャート2位を飾るなど、昨年から今年にかけて多くのヒットシングルを世に送り出していた。
また、自身の曲「オール・ガールズ・アー・ザ・セイム」のリミックスでリル・ヨッティと、「ヘイト・ミー」でエリー・ゴールディングと共演、トラヴィス・スコットとは彼のアルバム「アストロワールド」収録の「ノー・バイスタンダーズ」に参加するなど精力的なコラボ活動も見せ、今年になってBTSのRM、シュガと共に「オール・ナイト」をリリース、同曲はモバイルゲーム「BTSワールド」のサウンドトラックに収録されている。
12月2日に21歳の誕生日を迎えたばかりのジュースだが、現在、遺族からの公式のコメントは発表されていない。
一方、コラボ相手の一人だったエリーはツイッターにこう追悼の言葉を寄せている。
エリーは「信じられない。あなたは本当に優しい魂の持ち主だった。あのビデオの撮影であなたと家族に出会った事をいつまでも思い出すことでしょう。そしてあなた達がとても親密だったことも。まだまだこれからだった、始まったばかりだった。あなたがいないことが寂しいわジュース」と最初のツイートで綴り、続いてXとキャプションを付けたジュースとの写真を、最後には悲しい顔をした絵文字を投稿している。

他にもDJでプロデューサーのゼッドは「ジュース・ワールドが亡くなった。ショックで悲しいにも程がある。若すぎるよ」「人生はいつ終わるかわからない」「お互いに優しくあるべきだ」と、リル・ヨッティは「こんなこと信じられるか。RIP俺の兄弟ジュース・ワールド」「何で死ぬんだよ!!!!」と悲痛の叫びを綴っている。

日本からもかなり多くの悲しみの声が投稿されている。

またおおくの憶測もされている。


“MUSIC MAGIC – YOCO ORGAN [Official Music Video ]” を YouTube で見る

何か懐かしい名前と思ってふと見てみたら

凄い!ヨーコオルガンは現役バリバリで活動してるんだね。

http://yocoorgan.com/YOCO ORGAN

ロクホーという作品を2002年に知ってから、特に気にしていなかったのでチェック不足だったのだが、凄い。

継続は力ですね。

公式ホームページにはこうある。

石川県金沢市在住オルタナティヴラップデュオ「YOCO ORGAN」。
[0081オオヤチ]と[PERUTANI]の2MC。
日本語RAP黎明期より活動「好きな音楽にもっと自由にラップ乗せたい!」精神でこれまでにDubstep、JUKE、Breakcore、Funkot、Jungle、SOKAなど様々なビートに日本語ラップでアプローチを行う。
リリース作品としては、EP”Thank you remix vol.01″はAmazonMP3ダンスチャートにて一位を獲得。 HABANERO POSSE/KAN TAKAHIKO/Miii/DJ WILDPARTYらが参加した1stフルアルバム「SHIBIRERU DAYS」はタワーレコード金沢店で初回入荷分が即日完売するなど話題に。同作品のリリースツアーを全国7カ所にて敢行、アグレッシブかつポップなライブスタイルが評価を得て、りんご音楽祭や舞音楽祭、加賀温泉郷フェス、OTONOKO、DOMMUNEなど全国のフェス/イベントへ出演する。
その後も北陸新幹線開業をテーマにした楽曲を含むEP「JAMASINAI DAYS」やKAN SANO、MOP of HEAD、せのしすたぁとのコラボ曲を発表。2017年の2ndフルアルバム「Good Bye」はCDショップ大賞 地方賞受賞。2018年 YOCO ORGANなりのいRAVEを再定義したEP「MY RAVE MORE」を配信/サブスクリプションにてリリースした。

ヒップホップは本当に自由だと感じさせる音楽家だと思う。

逆か、音楽は自由だと思わせるヒップホッパーでもあるのかもしれない。


どんな表現だろうといいものはいい。

はまる人ははまるしはまらない人ははまらない。

評価を気にする事はない。

ヨコオルガンがとても凄いグループなのは間違いないだろう。

“Jill Scott – Golden” を YouTube で見る

ジルスコットはとにもかくにも歌唱力。

ヌーディーや見た目で売り込まないイメージだ。

もちろん素敵な女性なのは言うまでもないが、とにかく歌の迫力がすごい。

音楽に宿る生命力には驚嘆するばかりだ。


ジルスコットとは?

ジル・スコット(Jill Scott)

1972年4月4日生まれ
、アメリカはフィラデルフィア出身のシンガーでもあり女優でもある。

ジャズ、R&B、ネオ・ソウルの歌手でもある。

ソングライター。女優でもある。凄い才能だ。

これまでにリリースした3枚のオリジナルアルバムがいずれもグラミー賞にノミネートされている超本格派。

ジルスコットはフィラデルフィア地区に一人娘として生まれ、母と祖母の元で育ったという。

スコットは後年受けたインタビューにおいて幸せな幼児期を送った事を語り、「とても愛される子供だった」と述べている。

愛の大きさが真っ直ぐな歌声となっているのかもしれない。

Funk the jonathang’が解散していた、、

Funk the jonathang'(ファンクザジョナサン)略してファンジョナのデビューアルバムは衝撃だった。。

2017年の夏頃にリリースされた作品だった。

2019年の11月後半に突如としてTwitterに解散の知らせが拡散された。

黒髭一気一発 feat.Ganger

この曲のPVの閲覧数は何と9000回以上!

人気の高さがうかがえる

アルバム粋酔酔(すいようすい)のレビューをみてみよう。

作品名は粋に酔う酔うと書いて スイヨウスイ

ファンクザジョナサンらしい酒好きなタイトルだ。

まずはイントロ
一曲目は超大ネタサンプリング

スムーズなラップはジジから始まる
続いて躍動感抜群のゆうしのラップ

ナイスなコンビネーションだ。

2曲目もかなり良いトラックだ!こちらは動画もあがっているのでチェックできる!

ファンキーなギターのサンプリングが心地よい
一曲2曲と
酒にまつわる曲が多いのか?と思わせるには充分なでだしだ!feetのゲンガーも良い味だわ

三曲目はかなりアップテンポのパーティーチューン!
ピアノが心地よい!

4曲目
どこかノスタルジックな曲調
スピーカーによっては全ての曲のラップはトラックに埋もれてしまっている感はあるが音楽性の高さがうかがえる。

feetの赤松はるかが凄まじく存在感を出している。
アンニョイな歌声は中毒性がある。

少しRBシンガーの歌い方の女性シンガーは同じような発生と発音なので食傷気味だったが、アンニョイな歌い方は最高だ。

ソロシンガーとしての赤松ハルカも注目すべきだ。

5曲目はスキット
様々なラッパーから激励をうけている。


6曲目は
ダンサンブルでジャジーヒップホップ!

脱力感だが盛り上がる!

7曲目は静かなジャジーヒップホップ

フックがメロディーアスな曲が多いが
とても心地よい めちゃくちゃ歌がうまいというわけじゃないがついつい口ずさみたくなる。

ジジは全盛期のツイギーのようなフローと世界観を持ってる。

8曲目は
アングラヒップホップなトラック
Laやデトロイトヒップホップのようだ。

フックがカオス(CAOS)の歌だ
feetのカオス かなり良いフロー!

シンガーがラップしてるような歌のうまさだ。
カオスはバンド出身ということで曲にあわせたフローが素晴らしい。
ファンジョナと相性よいー!

9曲目は
アウトロでインスト
10曲目は
ラストチューンにして最高なチューンだ!

希望が湧いてくるようなトラックにラップ
フックも良い!

全体的に地味なのかもしれないが、素晴らしい作品だ。

チェックして損はない、いや!得しかない。

まだ若手なだけに解散は惜しい。

Twitterでも名残惜しむリプライが多くよせられた。

RHYMESTERなどともイベントで共演しているので売れる要素ばかりだった。

しかし、ゆうしとjijiの二人ともソロで活動するという事なのでそちらを楽しみにしつつ、いずれまた交差する事を願い、、その日まで酒を飲んで待ち続けるとする


MCとしての定義2

   MCとしての定義2

ヒップホップにおいてMCとは通常、ラッパーをさす。

もしくはラップはできないがイベントの司会やDJの煽りなどを行う人もMCと呼ぶ場合がある。

マイクロフォンコントローラーと呼ぶ場合もあるし、マイクチェッカー、マスターオブセレモニー(これが一般的な意味かな)の略語と言われている。

 様々なMCの定義とは?

簡単に言うと「マイクを持って話す、場を盛り上げる」のがMCだと思う。

MCとして必要なものとは何か?

極端な話しマイクがあれば誰しもMCになれる。
司会進行、演説、プレゼン、説明、講演などをすればマイクロフォンコントローラーではないか?

しかしヒップホップにおいてのMCはそんなにハードルの低いものでもない。

ラッパーにも様々な種類がある。

日々、自らリリックを書き溜めてラップでライブで思いをぶつけるラッパー。

日々、自らリリックを書き溜め、曲をひたすら製作するラッパー。

あまりリリックは書かないがフリースタイル(即興)でラップをするラッパー。

日々リリックも書き曲も作り、即興でもラップができライブもするラッパー。

人が書いたリリックを指導してもらいながらラップをするラッパー。
などなど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人が書いたリリックでラップをしているラッパーはラッパーではなく、ボーカリストだと呼んだ方がよい。

それでラッパーを名乗るなら研鑽を重ねているラッパーにあまりにも失礼だからだ。

フリースタイルができないラッパーは実は多い、練習不足や「諦め」の気持ちや「苦手意識」の強いラッパーはフリースタイルが苦手だ。
そして失敗を恥ずかしがる恥ずかしがり屋はフリースタイルに向いてないかもしれない。

しかし、やろうとする意識があればラッパーだ。フリースタイルができないラッパーはボーカリストという厳しいB-BOYもいるが、ラッパーは自分の言葉でリリックを書き工夫している。そしてフリースタイルの意義を理解して、少しでも練習をしているのはラッパーだ。

人に書いてもらってラップをしている人はボーカリスト。
そこがボーカリストとラッパーの違い。

ラッパー=MCという事ではないが、MC=ラッパーという事もない。

ではラッパーとMCの違いとは?

MCは本来司会の意味でもある。
つまりMCはラッパーでありながらイベントの司会もこなしDJのサイドキックもこなせる。

かつパーティーラップだけじゃなく、様々なテーマのラップができるラッパーをMCと呼ぶのが相応しいのかもしれない。

全てのラッパーは司会はできないので司会のできないラッパーはMCとは呼ばなくて良いだろう。そしてパーティーラップやギャングスタラップしか書けないラッパーはラッパー

様々な場面で機転が利くラッパーがMC

知識や情報量、常識を持ち合わせないとMCにはなれない

それ以外にも

MC
としての定義はありそうだ。


MCとしての定義1

新シリーズ!MCとしての定義

 MCとしての定義とは?


新しい読み物として、様々な角度からMCとしての定義をあげていく。

定義とは?何か?
定義(ていぎ)とは、一般にコミュニケーションを円滑に行うために、ある言葉の正確な意味や用法について、人々の間で共通認識を抱くために行われる作業。
一般的にそれは「○○とは・・・・・である」という言い換えの形で行われる。 基本的に定義が決められる場合は1つである。
これは、複数の場合、矛盾が生じるからである。
つまり、MCとは○○である!と言い切らないと定義にはならない。
定義を決めるのは人間だが、人間は十人十色。
ラッパーやBboyではなく、一般人にMCとは?と聞けば
え?テレビとかの司会?
などと答えるだろう。
それも正解だろう。
ラッパーにMCとは?と聞けば
マイクロフォンコントローラーだ!
と答える人もいれば、マイクチェッカーだ!
と答える人もいると思うし、「自分を貫き通すライマー」と答える人もいるかもしれない。
どれもこれも間違っていない。
つまりMCとしての定義は一つではないのだ。
そうなると定義という言葉に矛盾ができるが、矛盾こそがMCとしての定義かもしれない。
日本語ラップ創設期から活躍するラッパーでありDJであり、ビートメーカーやプロデューサーでもあるMURO氏の曲にMCとしての定義をラップした「第三段落97ページ」という曲がある。
そう、MCとしての定義が書かれた本は最低でも第三段落の97ページ以上はあるということ。
MCとしての定義は
ぶ厚い本となりえる。
そんなぶ厚い本のような内容も連載として書いていこうと思う。
そして、ラップを始める若者や人生に行き詰まった人たちのバイブルや参考書になれば良いと思っている。
「いつか手に取ったこんなクソぶ厚い本
内容はもちろん日本」
↑ムロ氏 第三段落97ページより抜粋
歴史や小話を含めた読み物に挑戦したいと思う。
(途中で飽きたらゴメンなさい(笑))




—————————–

クーリオのもう一つの顔が意外すぎた。。

 90年代のギャングスタラッパーといえば、クーリオもその1人

もうだいぶ前の話ししだが、ラッパーのcoolioが自身のヒット曲の権利を売りに出していた。。

その意外な理由とは。

“Gangsta’s Paradise”や“Fantastic Voyage”などのヒットで知られるグラミー授賞ラッパーのクーリオ(Coolio)が、これらのヒット曲を含めた123曲の権利をオークションにかけていた。

2013年の話しだが、よほどのヒップホップファンでも知らなかっただろう。

クーリオは、90年代半ばに、レイクサイドの同名曲をサンプリングした“Fantastic Voyage”や、スティーヴィ・ワンダーの“Pastime Paradise”をサンプリングし、映画『デンジャラス・マインド』で使われた“Gangsta’s Paradise”などのヒットを飛ばし、一躍人気を得たラッパーだ。

“Gangsta’s Paradise”ではグラミー賞にも輝いている。そのクーリオが、自身が所有する123曲の権利をオークションにかけているという。これは、ローヤリティのオークションを行っているサイト The Royalty Exchangeに登場して明らかになったもの。

今回売却される「クーリオ・カタログ」123曲の中には、“Gangsta’s Paradise”や“Fantastic Voyage”、“1, 2, 3, 4 (Sumpin’ New)”といった代表的なヒット曲も含められており、123曲のローヤリティでの年間収入は平均で2万3227ドル(およそ227万円)に相当するという。オークションは米東部時間で8月28日正午からスタートし、翌日29日の午後2時に終了する予定で、入札は14万ドル(およそ1370万円)からスタートするのだとか。

気になるのはその売り上げの使い道だが、なんとクーリオは「コック」としてのキャリアアップのために使いたいのだという。実はクーリオは、2009年に料理本『Cookin’ With Coolio』を発表しているほか、オンラインで『Cookin’ With Coolio』と題した料理番組を展開。2012年には有名人が料理の腕を競うTV番組『Rachael vs. Guy: Celebrity Cook-Off』に出演し準優勝を果たすなど、料理には並々ならぬ情熱を見せている。クーリオはこの売り上げを使って、新たな料理本の出版や、以前にやっていた『Cookin’ With Coolio』を再開させたいとのことだ。

そうクーリオはコック
料理人でもあったのだ。

 日本にも多くコック兼ラッパーはいる。

その理由の一つとしてラッパーは下積み時代にアルバイトをしながら活動する場合がほとんど。

その為飲食店でバイトしながら活動するラッパーは多い、なぜなら飲食店はシフト制の勤務が多く、活動しやすいからかもしれない。

そこで料理人となりラッパーも続ける奴が多いのかもしれない。


しかし、クーリオ程のビックネームがコックだったとは驚きだ。

  クーリオはコックだった!

coolio / gangsta paradise

こちらからクーリオの曲gangsta paradise聞ける


—————————–

SEEDAとは?現在のシーダはどんな感じ?

SEEDA(シーダ)に注目だ。

もはや若手ではないので頻繁にシーンに登場はしないかもしれないが伝説的なラッパーの1人。

SCARSの台頭、VERBALとのビーフなど話題を振り撒いた。

現在2019年、シーダはどのような生活をしているのか?

続きを読む SEEDAとは?現在のシーダはどんな感じ?

オジロザウルスのMACCHO

ラッパーを調べてみた


日本語RAPのラッパー紹介!
今回はOZROSAURUSのMACCHO[マッチョ]だ

 マッチョ に注目してみよう!!

■■目次■■


☆  マッチョはどんなラッパー?
☆  マッチョの経歴は?どんな曲をやるの?
☆ マッチョのトラブルやビーフはいるのか?
☆ マッチョの性格や今後の運勢は?





☆ マッチョ はどんなラッパー?   

 

MACCHO(マッチョ)はいわずと知れたOZROSAURUSのMCだ。
1978年4月8日生まれ 2019年8月現在だと41歳だ。

横浜市磯子区生まれ、南区六ツ川育ち。
六ッ川といえば特に何もないイメージの街だ。 繁華街でもなく特別田舎でもない。

中学生だった14歳の時に、出入りしていた洋服店、おそらくアバランチかな、、

アバランチの経営者だったDS455のKayzabroと出会い、彼から勧められてラップを始め、DJ KADOTAのシングルに参加。

95年にはMC MACCHOとして『CLUB WILD.B』というコンピレーション・アルバムに「Nanatsuki」という曲で参加している。

何とわずか15歳でラッパーとして台頭していた!!

一時期DS455に在籍していた事もある。

オムニバス・アルバム『THE BEST OF JAPANESE HIPHOP』シリーズにDS455メンバーとしてやソロでも参加している。

マッチョは神奈川県の武相高校に進学
武相高校は男子校でスポーツも強い高校としても有名だ。
マッチョのいた時代はヤンキーも多くいた。

マッチョは高校時代は、東京ストリートニュースなどの雑誌に取り上げられたりしていた。

後に高校は中退。

■■■つまりMACCHOは中卒という学歴かもしれない■■

マッチョのオシャレは有名でASSASSYN JEANZやVANTAGEというファッション・ブランドも手掛けている。


☆  どんな曲をやるの?

オジロといえばこれ

OZRO SAURUS/ AREA AREA

ウエストコーストのG-FUNK全盛期の影響だろう、かっこいい。

そして2015年に新メンバーを迎えてのオジロサウルスの曲もやばい。

DJはDJ SN-Z
山嵐のベース武史、ドラムはTOTALFATのBUNTA。
ギターはCRYSTAL LAKEのYD
そしてマニピュレーター・トラックメイカーとしてGUNHEAD

オリジナルメンバーのマッチョの6人バンドとなった。


OZROSAURUS / OG ↑ 

こちらもしびれる!!!





☆ マッチョ のトラブルとは?やビーフはいるのか??〓

キックザカンクルーのKREVA(クレバ)とオジロザウルスのMACCHO(マッチョ)は一時期ビーフがあった。

とされている。

マッチョは名指しでクレバを大っぴらに攻撃はしていないが曲のリリックで以下のような表現がある。

オジロのDisrespect 4 u という曲から

(MACCHOからKREVAへのディス)
「ガキだまくらかす糞エリート サビの歌メロでヘタレヒット」
当時クレバはサビを歌にする事でヒットを量産していた。

そしてオジロの曲On and onでは
「でも俺は俺だけさ 常忘れねー 人は人 それはそれ」と放つ
するとKREVAもアンサーしたのかたまたまなのか

マッチョのリリックを引用して応戦

クレバのTHE SHOWという曲

「人は人 俺は俺 やいのやいのいう前によこしなbeat beat」 と応戦。

もちろん二人とも憎しみあっているわけではないだろう。

それぞれかっこいいスタイルを持っているラッパーだ。

 マッチョ の性格や今後の運勢は?

  マッチョの性格は知り合いや家族でないとわからない。
 生年月日占いでみてみよう

太陽星座は牡羊座。
表面的には、野心家で行動的な意志の強い人。
他人のあとに従うことをよしとせず、何事も自主的に行う積極性にあふれたタイプ

また自らの能力に自信を持っていて、挑戦心や冒険心が人一倍旺盛。
優れた決断力と大胆なふるまいで、仲間をリードし注目を集めることが多いはず。

そのため集団の中においては指揮官的な存在。

ただしそのような面が裏目に出ると、身勝手で強引な印象を周りの人に与える場合があるかもしれない。

—————————————————————
以上のような結果となった




やはり も長所も短所もあると思う。

占いは占いとして運勢や運命は自分で決めていくものだ。

今後も マッチョに 注目していきたい。