奈良県のラッパーは誰が注目!!


奈良県は東大寺、興福寺など伝統的な寺院神社が多く、観光地として栄えているが遊ぶ場所は少ないようで大阪などの県外に遊びにいく若者が多いようだ。
奈良市は、日本の奈良県の北部に位置する都市で、同県の県庁所在地である。日本政府から中核市に指定されている。 
テレビ番組ケンミンショーでも「奈良は地味」と言われている、そんな奈良にヒップホップシーンはあるのだろうか?

奈良のラッパーの一人として
HI-KING aka TAKASEがあげられる。

現在、日本でもヒップホップという文化が様々な形で広まっている。関西を中心に活動するラッパーも多く存在する中、奈良を代表し関西で活躍するラッパーがいる。その名は、HI-KING a.k.a. TAKASE。
数多くのフリースタイルバトルで輝きを見せ、ライブでは圧倒的なパフォーマンス。それだけに留まらず、映画「サイタマノラッパー」シリーズに出演するなど、活躍の場を広げている。

〈スポンサードリンク〉



またトラックメーカーとして有名なEVISBEATS(エビス ビーツ)はAMIDAという名で活動している。彼も奈良出身である。

そして

JONNYという 奈良のラッパー

全国的にはメジャーじゃないかもしれないが心意気が良さそうだ。 
ホームページから↓

見た目からはまず、想像し難い茶目っ気を持った

ノリより言葉にこだわったラップを得意とする

生粋の奈良っ子ラッパー、

とある。

ホームページもしっかりしているし小まめに曲を発信しているので頑張って欲しい。

 京都のゲトーから成り上がったANARCHYとも曲をやっているので知る人ぞ知る存在なのかもしれない。

奈良県天理市にはclub bridgeがあり ホームページには若手の紹介もあるので興味ある人はそこから発掘するのも良いだろう。

革命は小さい県や小さいコミュニティーから生じる場合が多い。
奈良をシカトせずにしかとみて期待しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です