どげなせんといかん!宮崎注目のラッパーは?who?

どげなせんといかん! 
タレントの「そのまんま東」が政治家に転身して東国原英夫が県知事を務めた事で知名度が上がった宮崎県

太陽のたまごとよばれるマンゴーや肉巻きおにぎり、からいも団子冷や汁など独特の特産品も多く活気づく地方都市のひとつである。

主な有名人は、、

鬼束ちひろ:南郷町
馬渡松子:都城市
秦基博:日南市(「小2の夏まで住んでいた」と本人が発言した)
三宅伸治(ギタリスト)
松田弘(サザンオールスターズ・ドラマー):宮崎市
小渕健太郎(コブクロ・ボーカル):宮崎市
谷道夫(「デュークエイセス」リーダー):宮崎市
NOISY(元SEX MACHINEGUNS、現DUSTAR-3):延岡市
HAKUEI (PENICILLIN):串間市
なすじん(音楽家、マルチプレイヤー):宮崎市
KEIJI(EXILE、元J Soul Brothersパフォーマー):清武町
重留真波(E-girls・Flowerリーダー・パフォーマー)
SAYAKA(E-girls・Happinessパフォーマー)
YURINO(E-girls・Happinessパフォーマー)

そして芸人の とろサーモン 

など数多い。

とろサーモンの久保田はRAP巧者としてもしられている。

人気MCバトルイベント団体・戦極MCBATTLEが主催する「芸人ラップ王座決定戦」。

第1回目のイベントには、とろサーモン・久保田和靖、レイザーラモンRG、中山功太、ウーマンラッシュアワー・中川パラダイスらの“ラップに自信のある人気芸人”が参加し、とろサーモン・久保田が見事優勝した程の実力だ。

宮崎注目のラッパーはわりといる、数年前から宮崎ではHIP HOPが根付いているようでラッパーの層は厚い。

その中でも
フリースタイルダンジョンに出演して一躍注目を浴びたGADORO(ガドロ)。

若手ながらUMBや戦極MCなど大きい大会の予選で優勝した経歴の持ち主だ、年齢は24歳でR-指定と同じ年代になるGADORO。
UMB宮崎予選では2014年に優勝した経歴があり、「韻に踏まれないラップ」をモットーとし、韻には自分のバックボーンを込め、その通り説得力のあるラップをかましてる若手有望株の一人だ。

そしてもう一人
MOL53 a.k.a. RAWAXXX

所属クルー/レーベル: 戦極CAICA/OLD DRIP JUICE
出身地/地元:宮崎県日南
現在の活動拠点:東京都
ラップ歴:10年
MCバトル歴:約10年
主なMCバトル戦歴:
・2012年
『UMB』福岡予選 優勝
『UMB』グランド・チャンピオンシップ 準優勝
・2013年
『UMB』宮崎予選 優勝
『UMB』グランド・チャンピオンシップ ベスト4
・2015年
『UMB』宮崎予選 優勝

華々しい経歴もあり音源も定評がある。

ほかにもYANACKなどRAP巧者が宮崎ラッパーには多い。 



今後注目する宮崎のラッパーはやはりGADOROかmol53だろう。
年齢と共に人間的に成長する事が最大のスキルアップにつながるはず。
まだまだ伸びしろがあるだけに期待もできる

そして
とろサーモン久保田も見逃せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です