最低限チェックすべきラッパー:C

最低限チェックすべきアーティスト紹介
ABC順に紹介するシリーズ

A:はアトライブコールドクエスト
B:はブラックアイドピース

そして今回はC 
commonコモンだ。

Common コモンは1972年3月13日生まれ



シカゴ出身のMC・俳優。グラミー賞受賞者。

身長184cm。

シカゴで生まれ育ったコモンは、1992年、コモン・センス(Common Sense)の名の下、シングル「Take It EZ」(アルバム『Can I Borrow a Dollar』に収録)でデビュー。
荒削りなアルバムだがよい意味でコモンらしくない一面というかルーツが垣間見れる作品である。

1994年には『Resurrection』のリリースで、高い評価を得る。このアルバムの収録楽曲であり、ヒップホップを女性になぞらえた『I Used to Love H.E.R.』の歌詞がきっかけとなり、ウエストコーストのラッパー、アイス・キューブとビーフが勃発した(後に、ネーション・オブ・イスラムの指導者ルイス・ファラカーンにより沈静化される)。

よく日本のラッパーで聞くセリフがある。
それが「コモンの2ndみたいでヤバイ!!」 

ここからラグジュアリーで大人のHIP HOP

 Commonの始まりともいえる。

さらに、コモン・センスは、同名のロサンゼルスのレゲエバンドに訴えられ、現在の名前「コモン」に改名を余儀なくされる。

1997年、「コモン」名義としての初のアルバムで、ローリン・ヒルやクエストラヴ(?uestlove)等とのコラボレーションが実現した『One Day It’ll All Make Sense』をリリースした後、MCAレコードへと移り、クエストラヴをはじめとするネオ・ソウル・ヒップホップ集団ソウルクエリアンズ(Soulquarians)とのレコーディングが中心となり、大きな評価を得た4thアルバム『Like Water for Chocolate』(2000年)が完成する。

当時、衝撃的なお洒落な作品だった。

期待を集める中リリースされた次のアルバム『Electric Circus』(2002年)はロックやエレクトロニカの要素を含めた「実験的」な作品で、賛否両論の結果となる。
確かに賛否両論だった。がコモンらしさは変らず、逆に食傷気味だったコモンのスタイルを打ち破ったともいえる。

2004年、同郷のMCカニエ・ウェストが立ち上げた新レーベルグッド・ミュージックと契約する。そして、カニエ・ウェストのプロデュースによるアルバム『Be』をリリースする。『Be』は各誌から絶賛され、「XXL」誌は5段階中の「5」の評価をつけている。第7作目のアルバム『Finding Forever』にもカニエ・ウェストが関わり、全米アルバムチャートで1位を獲得した。

その後も活躍はとまらず第一線を走り続けている、また俳優としても評価が高い。

シンプルなファッションや流されないが取り残されないようなスタイルがコモンだと思う。

コモンのイメージは知的。
アフリカバンバータがHIP HOPの4大要素に知識を追加したが。

コモンのイメージは荒々しいHIP HOPの中に凛と咲く花。

そろそろ新しい作品が聞きたいものだ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です