最低限チェックすべきラッパー:D

最低限チェックすべきラッパー
今回はDから始まるラッパー。

DE LA SOULとDr.DREだ。

デラソウルは1989年にNYのロングアイランドで結成されたヒップホップグループ。

独自のユーモアセンスやサウンドを打ち出して行き、革新的な活動を続けてきた。

ヒップホップの新たな方向性を示した功績は大きくトラック作りにはファンク、ソウル、エレクトロニカ、ジャズなどのサウンドの要素を取り入れている。ニュー・スクールの代表的なグループとして知られ、現在のヒップホップに多大なる影響を与えた、斬新なサンプリングの手法が使われている。

メンバーは
ポス(Posdnuos)
MC プロデューサ

トゥルーゴイ(Trugoy the Dove)
MC プロデューサ

メイス(Pasemaster Mase)
MC プロデューサ DJ
の3人。デラソウルは昔からどこか知的でユーモアがあった。

愛嬌もあるし柔軟性もある。

その証拠に全員がプロデューサーとしても活躍できている。ラッパーはラップだけやればいい!とたまに豪語する屈強で偏屈なラッパーもいるが(それはそれでカッコいいが)デラソウルは単純に音楽が、ヒップホップが好きなのだろう。それが伝わってくる。
 
ロックバンドGorillaz(ゴリラズ)の2ndアルバム「Demon Days」からの楽曲「Feel Good Inc.」などで共演を果たし、グラミー賞では最優秀ポップ・ヴォーカル・コラボレーション賞の受賞を始め、数々の賞を獲得するなど大ヒットとなったことからもジャンルの垣根を関係なく音楽を楽しむ様子がわかる。

また日本の女性R&BシンガーDOUBLEとも「Say “I Gotta Believe!” featuring Double」で共演!アメリカのラッパーが日本人のシンガーとfeaturingするとはデラソウルの柔軟性がわかる。

まさにHIP HOP最低限チェックすべきラッパーである。




次にDR.DRE
ドクタードレーはLA独自のスタイルを確立した人物と言っても過言ではない。

ドクター・ドレー(Dr. Dre)ことアンドレ・ロメル・ヤング(Andre Romel Young、1965年2月18日 )は、アメリカの音楽プロデューサー、ラッパー、実業家、俳優。

ヒップホップシーンで、最も影響力があり、最も成功し、最も有名なプロデューサーの一人である。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第56位。

アルバム『2001』は大ヒット!空前のドクタードレー旋風が巻き起こった。
日本のクラブシーンでもドレーの曲はかかりまくった!!
 
日本のラッパーにも影響をあたえており、ギャングスタラップを得意とするラッパーやG-funkをとりいれたラッパーは多かった。

またアルバム『クロニック』は、発表から4年間、ヒップホップ・ミュージックの主流となり、ウェスト・コーストのGファンクの起源として、ヒップホップに革命をもたらした。

近年は、ヘッドホンブランド「beats by dr.dre」を設立。

2014年、アップル社に現金と株式の合計30億ドル(3000億円)でビーツを売却、世界で最も高収入(630億円)のミュージシャンとなった。 

 
ラッパーとしては最初は評価が低かったが次第に上手くなっていった。骨太のラップは安定感がある。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です