最低限チェックすべきラッパー:G

ABC順で紹介している最低限チェックすべきラッパーシリーズ。
Aは アトライブコールドクエスト
Bは ブラックアイドピーズ
Cは COMMON
Dは DE LA SOULと DR.DRE
Eは Eminem
Fは Fugees

今回はG
Gang starrだ。

ギャング・スター。
ギャング・スター(Gang Starr)は、アメリカのヒップホップデュオ。

Gang Starr
マサチューセッツ州 , ボストン
ジャンル イースト・コースト・ヒップホップ
メンバー Guru
DJ Premier

グールー – 1961年7月17日生、2010年4月19日死去

DJプレミア – 1967年5月5日生

1985年結成の伝説的ラップデュオ。2005年の解散までの間、8枚のオリジナルアルバムをリリースしており、  1998年に発表した『Moment of Truth』では、初のゴールドディスクを獲得している。




グールーは米ボストン出身DJプレミアとともにギャング・スターを結成、1994年のアルバム”Hard to Earn”を筆頭に数々の傑作をリリース。個人名義でも多数のジャズ、ソウルアーティストと共演した”Jazzmatazz”シリーズを発表していた。

グールーは、亡くなる1年ほど前から多発性骨髄腫いわゆる「血液のガン」などと呼ばれる疾患を患っており、2月28日に一度心臓発作で心肺停止となり、緊急手術を受けたが、意識不明となった。

一時期意識が戻ったとも伝えられたが、4月19日、死去。
多くのファンや関係者に悲しみが襲った。

この知らせで国内ヒップホップ・シーンの重鎮Zeebraは「GURU素晴らしい音楽をありがとう。JAZZMATAZZがあったから、ヒップホップがちゃんとした音楽として認められたと思います。大人になっても聞けるって、自分も一生やれる音楽だと確信出来ました。一生やります。Rest In Peace……」とTwitterに投稿し故人を偲んだ。

DJPREMIERBLOGなどがグールーが書いたという

「ファンへの手紙」はギャングスターは不仲なのでは?と説があがった。

現在のビジネスパートナー、ソラー(Solar)とその家族を自分の家族と同様に扱うよう求める一方、「自分の‘元DJ’(DJプレミアのこと)には、一切自分の名前やそれに類するタイトルを使ったイベント、トリビュートをさせたくない。これは自分が弁護士を通じて、法的に実行させる。彼はここ7年間、自分の人生とは関係がなかったし、自分の死についても何もさせたくない」などとDJプレミアを徹底的に排除する内容となっている。
しかし、これは本当にグールーが書いたのか?わかっていない。

これはファンとしてはグールーが書いたものではない事を願いたい。ギャングスターが不仲なんて信じたくないからだ。

ギャングスターはグールーが肉や血であり花だった。つまり表舞台へ魅せる役目を担っていた。

一方ギャングスターの骨はDJプレミア(DJ Premier)だろう

1966年3月21日 生まれ

プレミアはテキサス州ヒューストン生まれのDJ、音楽プロデューサー。

通称プリモ(Primo)

アメリカのヒップホップ界を代表するプロデューサー(トラックメーカー)である。

高校を卒業後、テキサス州ヒューストンの大学に入学し、コンピューターサイエンスを専攻。

大学寮にいたときクラスメイトが所有していたターンテーブル(TechnicsのSL-1200)を拝借し、DJとしての技術を鍛錬しながら、自身のファーストネームの頭文字にちなみWaxmaster Cと名乗る。

その後、Inner Circle Posseという音楽グループを組み、有名になるべくレコード会社のWild Pitchへデモテープを送る。

ここがプレミアの転機だろう

このデモテープを偶然聴いたグールーがこの無名の男DJプレミアの才能に驚き、電話をかけニューヨークに呼び寄せ、ギャング・スターの正式なメンバーとして採用してしまう。

デビューアルバムは1989年の「No More Mr. Nice Guy’」。
グールーは、この当時の出来事について 「普段ならデモテープなど聴かないし、ましてやテキサスの無名の奴らなんて気にも留めない。だけどあの時は何かが俺を動かしたんだ。」 と運命の出会いを語っている。

プレミアのビートは間違いなく今のヒップホップの礎だ。
DJプレミアの凄さはビートの隙間にあると感じる。

微妙な間とシンプルな上ネタ、ストップ&スタート、カットやスクラッチ。

純ヒップホップを作れるのがDJプレミアの凄さだろう。

それとグールーの柔らかく鋭いラップは唯一無二。
日本のクラブでとあるDJが自分の持ち時間約一時間を全てギャングスターで繋いでいた時は驚いた。

そこまで熱狂的なファンが日本にも多い。

ギャングスターはどの曲が一番という事ではなく、とにかくアルバム一通り聞いて感じてもらいたい。

そんなアーティストだった。

二人にしかだせない世界観を持っていた、それだけに1ファンとしてギャングスターが不仲とは思えないのだ、、




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です