最低限チェックすべきラッパー:R

ABC順で紹介している最低限チェックすべきラッパーシリーズ。

Aは アトライブコールドクエスト
Bは ブラックアイドピーズ
Cは COMMON
Dは DE LA SOULと DR.DRE
Eは Eminem
Fは Fugees
Gは Gang starr
Hは helter Skelter HOUS of PAIN
Iは Ice Cube
Jは Jay Z
Kは kendrik ramerとKRS-ONE
Lは LL COOL Jやludacriss
Mは MOBB DEEPとM.O.P
Nは Nas と the notorious B.I.G。 NELLY
Oは ONYXとOC。そして Ol’dirty Basterd 
Pは Public enamyとPete rock&CL smooth そしてPITBULL
Qは Q-tip と Queen latifah

そして今回はRから始まる最低限チェックすべきラッパーだ。

Rから始まるラッパーで最もチェックすべきラッパーは何といってもRakimだ。

そしてthe RootsやRUN-D.M.Cもいる。
Rから始まるチェックすべきラッパーは多い。上記したラッパー以外にもRZAや REDMAN。 RascoやRas kass。rah diggaなどなど、たくさんいる。

Rから始まるラッパーで最低限チェックすべきはRakimとRUN-D.M.Cだろう。

 ラキム
1968年1月28日生まれ
ニューヨーク州ワイアンダンチ出身

卓越したリリックでヒップホップの歴史上、最も影響力のあったラッパーの1人として挙げられることも多い。

1985年、エリックBと共に活動を開始した。エリックB&ラキムという名で活動し、ヒップホップ史の中で「ゴールデンエイジ・ヒップホップ」と呼ばれる時代において、最も名の知れた存在、さらに後に影響を与える存在となった。

ラキムはラッパーで一番のリリシストと言われる事が多い。英語のわからない日本人からしてみればラキムがどんな凄い事を言っているかわからないが、流れるようなフローは日本人でもわかる。

KRS-ONEがインタビューした際にラキムのフローの原点を語っている。

ラキムのフローの原点はジョン・コルトレーンから来てるという。

つまりjazzだ。Rakimは実際にサックスを吹いてフローを考えていると語った。度肝を抜いてテンションが上がったのはインタビュアーのKRS-ONEだ。

KRS-ONE:え、ちょっと待て、今サックスを実際に吹いていたって言った!?(会場が盛り上がる)

Rakimの母親は元々ジャズシンガーで兄がピアノから木管楽器を全部やっていた。

その時から昔の良い音楽にインスパイアされるようになったという。

ラキムは幼稚園から小学校にかけてはリコーダーをやってて、小学校4年生でサックスをやりはじめた。

それでジョン・コルトレーンの音楽にはまったという。

どうやら彼は小学校4年生から高校3年生までサックスを演奏していたそうだ。

ラキムの独自のスタイルにはこうした背景があったそうだ。ヒップホップにありがちな偏見として、ラップはただ喋っているだけ、不良っぽい、といったものがあるが、Rakimの楽曲を聞けばラップがいかにメロディアスでリズミカル、かつ知的なものであると理解するだろう。

だからこそ最低限チェックすべきラッパーなのだ。

好みじゃないと思ってても
Guess who’s back 

これだけでもチェックしとくべき!




そしてRから始まるラッパーで最低限チェックすべきラッパーは
RUN-DMCだ。

RUN-DMCのメンバーは
ジョゼフ “Run” シモンズ (1964年11月14日 – ):MC
ダリル “D.M.C.” マクダニエルズ (1964年5月31日 – ):MC
ジャム・マスター・ジェイ (1965年1月21日 – 2002年10月30日):DJ

ランDMCのメンバー(RUN D.M.C jam master jay)は1980年ころから別名義で活動を始め、1982年からRUN-DMCとして活動開始。

翌年に「It’s Like That」でシングル・デビュー。1984年のファースト・アルバム「Run-D.M.C.」は、ミリオン・ヒットを記録し、ヒップ・ホップのアルバムとして、初のゴールド・ディスクを獲得。

1985年の主演映画「クラッシュ・グルーブ」は、全米週末興行収入成績第2位を記録するヒットとなった。

ランDMCで必ずチェックしなくてはならない曲は walk this way だ。
1986年8月、エアロスミスのヒット曲「ウォーク・ディス・ウェイ(Walk This Way)」をモチーフにした同名曲が、全米チャート4位(Billboard Hot 100)を記録(トラックはサンプリングをせず、エアロスミスのスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーがレコーディングに参加している。また、ミュージック・ビデオにもゲスト出演した)。

最も重要なコラボレーションの曲として今も知られている。

そしてRUN-DMCと言えばファッションだ。彼らが着用していたアディダスのスニーカー「スーパースター」やカンゴールのハットは、オールドスクール・ヒップホップのヒップホップ系ファッションとして定着している。

しかし悲劇のグループでもある。
2002年10月30日、ジャム・マスター・ジェイがレコーディング・スタジオで射殺されたのだ、わずか37歳でこの世を去った。
そしてRUN-DMCはグループの活動休止を余儀なくされた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です