最低限チェックすべきラッパー:S

最低限チェックすべきラッパーをABC順に紹介しているこのシリーズ

今回はSから始まるラッパーで最低限チェックすべきラッパー紹介だ。


Sから始まるラッパーで最低限チェックすべきは
Snoop dogg と slum villageそして slick Rickだ。

snoop dogg

スヌープ・ドッグ
Snoop Dogg

1971年10月20日

カリフォルニア州ロングビーチ

1990年に地元の仲間であるウォーレン・G、従兄弟のネイト・ドッグと共に213というグループを結成。

1992年4月9日にドクター・ドレーのプロデュースで、ソロデビューシングル「Deep Cover」をソーラー・レコードからリリース。その後デス・ロウ・レコードと契約し、同年末にリリースされたドクター・ドレーの1stアルバム『The Chronic』にも参加した。

1993年11月に1stアルバム『Doggystyle』をリリースし、Billboard 200で1位を記録

1996年11月に2枚目のアルバム『Tha Doggfather』をリリース後、デス・ロウ・レコードとの契約を解消。1998年にマスター・P主宰のノー・リミット・レコードと契約した。

2004年にリリースされたシングル「Drop It Like It’s Hot」はBillboard Hot 100で自身初の1位を記録。

2012年の7月31日から正式に芸名をSnoop Lionへと変更。メディアに対し名付け親はジャマイカのラスタファリであると答えた。
しかしスヌープ・ドッグの名前を捨てたわけではなく、その名前での活動を続けている。

ラッパーとしての功績は素晴らしいスヌープ、しかし様々な容疑で逮捕されている。

コカインを売却
拳銃を用いた殺人容疑で逮捕
空港役員に対して暴力
大麻と銃器の所持 
薬物使用、、などだ。

Snoop Dogg – Who Am I (What’s My Name)?




そして次に紹介するSから始まるラッパーで最低限チェックすべきは

Slum Village

スラム・ヴィレッジ

90年代後半のヒップホップシーンに新風を巻き起こしたデトロイトのヒップホップグループ。
オリジナルメンバーはT3に加えMCのバーティン(Baatin)とDJ / トラックメーカー / MCのジェイ・ディー(Jay Dee、後のJ. Dilla)。現在はT3、ヤング・RJ (Young RJ)、ディラの実弟イラ・J(Illa J)の3人組として活動。

ジェイ・ディーがQティップ(Q-Tip)を介してファーサイド(The Pharcyde)の”Runnin’”を手がけ、そのサウンドがシーンのトレンドの一翼を担うようになると、「ジェイ・ディーが所属するグループ」として注目されはじめた。

2006年にJディラ、2009年にはバーティンが亡くなった。。

Slum Village – I Don’t Know




そしてSlick Rick
スリック・リック(Slick Rick、1965年1月14日 – )は、イギリス・ ロンドン生まれ、

アメリカ、ニューヨーク育ちのラッパー。
ダグ・E・フレッシュのゲット・フレッシュ・クルーのメンバーとして、音楽業界にデビューした。
1989年に「チルドレンズ・ストーリー(英語版)」がソウル・チャートで大きなヒットとなり、 一躍注目された。
だが、その後逮捕、実刑判決を受け、数年間服役する。出所後カムバックするが、往年の人気を回復することは難しかった。

スリックリックをチェックすべき理由はかっこいいから、、ではなく歴史上のラッパーとしてチェックすべき。
今聞くと逆に新しいかもしれない。

Montell Jordan – This is How We Do It (ft. Slick Rick)

Slick Rick & Doug E. Fresh – La Di Da Di (Full Version)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です