最低限チェックすべきラッパー:Y

ABC順で紹介している最低限チェックすべきラッパーシリーズ。

Aは アトライブコールドクエスト
Bは ブラックアイドピーズ
Cは COMMON
Dは DE LA SOULと DR.DRE
Eは Eminem
Fは Fugees
Gは Gang starr
Hは helter Skelter HOUS of PAIN
Iは Ice Cube
Jは Jay Z
Kは kendrik ramerとKRS-ONE
Lは LL COOL Jやludacriss
Mは MOBB DEEPとM.O.P
Nは Nas と the notorious B.I.G。 NELLY

Oは ONYXとOC。そして Ol’dirty Basterd 
Pは Public enamyとPete rock&CL smooth そしてPITBULL
Qは Q-tip と Queen latifah
Rは RakimとRUN-D.M.C。
Sは Snoop doggとslumvillage Slick rick
Tは 2PACとT.I、そしてTalib Kweli
Uは Ultramagnetic MC’sとUgly ducklingそしてU-godだ。
Vは Vince Staples
Wは Wu-tang clanとWyclef jeanそしてWiz Khalifa
xは Xzibit
そして今回はYから始まる最低限チェックすべきラッパーだ。

Yから始まる最低限チェックすべきラッパーは

該当者なし、、

ラッパーではなくビートメイカーならYELLOW CLAWをチェックすべきだ。
ラッパーなら強いてあげるならならYGだ。

まずはイエロークローとは


Yellow Claw(イエロークロウ)
2010年に結成
オランダ・アムステルダム出身のEDMデュオ。

メンバーはDJ・プロデューサー担当のJim Aasgier (ジム)
DJ・プロデューサー担当のNizzle (ニズール)

元メンバーはMC・プロデューサーのBizzey (ビジー)

2016年にMC Bizzeyが家族との時間を大切にするため脱退、現在はデュオとなった。

イエロークロウの音楽は基本EDMだが、ヒップホップやダブステップ、トラップミュージックやムーンバートンなど幅広いジャンルの音楽をミックスした独特なサウンドだクラブで聞いた事がある人も多いはずだ。

featするラッパーが皆心地よさそうにラップしているのが特徴的だ。

Yellow Claw & DJ Snake – Public Enemy

Yellow Claw & The Opposites – Thunder




そしてラッパーならYG
YGを最低限チェックした方がよい、、とは言わない。
Yから始まる最低限チェックすべきラッパーがいなかったので、Yから始まるそこそこ有名なラッパーを挙げた。

 
YG
西海岸の新たなギャングスタ・ラップ・シーンを創造するラッパーが登場!本名はKeenon Jackson、1990年3月9日生まれ、ステージ・ネームのYG(Young Gangstaの略)として知られているラッパー。高校時代にラップを始め、Jeezyに見初められプロとしてのキャリアをスタート。2009年、DefJamと契約、翌年、ファースト・シングル=’Toot It and Boot It’ feat. Ty Dolla Signをリリース。全米シングル・チャートで67位を記録。2013年にリリースしたシングル、’My Nigga’ feat Young Jeezy and Rich Homie Quanはシングル・チャートの19位に輝き、キャリア最大のヒットとなった。

メジャー契約から5年、満を持してデビュー・アルバムをリリースした作品は、 強力客演陣には、ScHoolboy Q、Jay Rock、DJ Mustard、Tee Cee、Jeezy、Rich Homie Quan、TeeFLii、Tory Lanez、Drake、 Kendrick Lamar、などが参加している。

YG – “Bicken Back Being Bool” (Official Video)




Yから始まるラッパーも他にはいるが、最低限チェックすべきラッパーは見つけられなかった。
ただ必ず名曲はあり、凄い奴はいるはずだ。探してみるとよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です