VOLTA MASTERS のAt Work紹介

ジャジーヒップホップを多くの日本人に広めた人物といえばnujabesやDJ
decstreamなどたくさんいるが、VOLTA MASTERSの功績も大きい。

分かりやすくキャッチー、かつ今まで硬派なビートメーカーが手を出さなかったポップな曲もジャジーなダンスビートに変えてしまう視野の広さは圧巻でHIP HOPファンのみならず虜にしてしまう。

もちろん賛否両論はあるがアーティストならば賛否両論あるのが当たり前だ。

ORGANIC HIP HOP (JAZZY HIPHOP) として分類されるビートメーカーが

VOLTA MASTERS (ボルタマスターズ)だ。

VOLTA MASTERSはHIP HOPコーナーの洋楽コーナーにもあるし邦楽ヒップホップコーナーにもある。

VOLTA MASTERSとはDJ ichikawaの別名義。
~~ズだから集団?と思われがちだがソロプロジェクト。

そんなVOLTA MASTERSのアルバム

AT WORK
について今回はレビューしてみる。

At workの発売日は2008年04月03日で今も尚人気なアルバムだ。

斬新なネタ使いと圧倒的なクオリティで他の追随を許さないVolta MastersによるCDアルバムの第2弾!




VOLTA MASTERSのat workの元ネタも紹介しつつレビュー

01 Decisions Extended Remix(Theory Hazit)

ドラゴンクエスト3の不死鳥ラーミアのテーマ曲を大胆にサンプリング!

ドラクエ世代にはかなりテンションがあがる!

02 Words For (now you know) Remix(Precise Hero)

ドラゴン・アッシュfeaturing zeebra,acoのグレイトフルデイズをサンプリング(弾き直し)の1曲!グレイトフルデイズの元ネタはSmashing Pumpkinsの「Today」だがこの曲はグレイトフルデイズのアレンジと言った方が分かりやすい。

03 Mr.Lawrence / Heart Music Remix(1773)

坂本龍一の世界的に有名な曲。戦場のメリークリスマスのサンプリング、カバー曲。

ポップになりすぎずに見事な楽曲。

坂本 龍一 / Last Christmas,Mr.Lawrenceをアレンジし、大ヒットも頷ける。

04 Non Believers Remix(The Good People)

アナログ限定で発売されHip Hopファンを中心に大ヒットした曲

Count Bass D/7yearsと同ネタ使いのHIP HOPらしい展開だが、しっかりとJazzyに仕上げる仕事はさすが!

Good Peopleのラップに、VOLTA とともに数々の名曲を生み出した横浜のベテラン歌姫Sierraの透き通る様なコーラスのハーモニーが最高

    

05 Everything Is Different Now SM Remix(Free Speech)

かなり勢いのある曲だ。

出だしは学校のチャイムのような幕開け!
夏にも冬にもあう1曲。

壮大なストリングス、ピアノの旋律、Black Machine”How Gee”と同ネタのJB’sのホーンが完璧に調和。

6.Upswing Social Remix / Precise Hero

INTELLIGENT HOODLUM / STREET LIFE と同ネタMinnie riperton / inside my love使い。

Street lifeをJazzyにリミックスしたような曲。90年代ヒップホップ好きなら絶対すき。

7.Constant Motion Remix (ReEdit) / 1773

実に爽やかだ

Pete Rock & CL Smoothも使用している定番ネタ。

元ネタはGorge Benson / Face it Boy,It’s Overかな。

1773とVOLTA MASTERSのゴールデンコンビを生み出した記念すべき処女作!
ここから伝説が始まった。

8.Homme Et Une Femme Un/Can U Feel Dis Remix /

フランスの映画 男と女 の主題曲をサンプリングカバー!

本当に目のつけどころが良い。

9.After School Special feat. Sojourn & Just Me Remix /

Theory Hazit
Ray Barretto / Pastime Paradiseネタ。

アッパーなビートにジャジーなピアノループがマッチョ!

、フックでは”World Famous”の唄バージョンとなる”Buffalo Love”のフレーズをサンプリングしている注目作!

こちらはjazzよりもノリの強いサンバではないが南国のダンスミュージックのような雰囲気

10.Rock Steady Remix / Move.Meant

ジャズの名曲Dave Brubeck Quartet – Take Fiveの元ネタをサンプリングカバー!

ピアノやホーンが効いていて、パーカッションなビートがアクセントに!

11.I.O.U. feat, Braille Remix /

Theory Hazit
The Firm / Firm Biz Remixでも使用された、ヒップホップクラシック、Malcolm Mclaren & The World Famous Supreme Team / World Famous使いのビート。

ピアノが印象的で面白い!

12. Everything Is Different Now Organ mix / Free Speech

Dawn Penn “No, No, No”の元ネタとして知られるJackie Mitto “Ghetto Organ”を使用

こちらはレゲエテイストだがVOLTA MASTERSらしさもある!

13. Circa Runner Remix / Precise Hero

AHMAD JAMAL Trio /CROSSFIREのネタ。

Dilated Peoples / Pay Attentionと同ネタ使いの疾走ビーツと流れる様なピアノがカッコいい!
間違いなくジャジーヒップホップ!

14.Bar Backs Remix / The Good People

日本では間違いなく人間発電所としての知名度が互い

King James Version / I’ll Still Love Youのネタ使い

人間発電所をThe goodpeopleがラップした雰囲気!

盛り上がる事間違いなしのパーティチューンだ。

 youtube再生回数10万PV以上の戦場のメリークリスマス ネタの曲は神曲として今も世界中から支持されている。

何回きいても癒されるし新しい発見があり面白い。
 
<


ボルタマスターズは今後も注目期待できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です