ソウルスクリーム特集

SOUL SCREAM(ソウル・スクリーム)は日本のヒップホップユニット。

1995年に現在の名前に改名。1997年ポリスターよりメジャーデビュー。2002年ポニーキャニオンに移籍。

  1. ソウルスクリームってどんなユニットなの?

  2. ソウルスクリームの魅力は?

  3. 新作はでるかな?

*↑ソウルスクリームの代表的な作品『The positive gravity ~案とヒント~』

1.ソウルスクリームってどんなユニットなの?

ソウルスクリームは

メンバーが

MCのHAB I SCREAM (ハヴ・アイ・スクリーム)

MCのE.G.G.MAN (イジジマン)

ビートメーカーでDJのDJ CELORY (セロリ)[Mr. BEATSという別名義もある。]

の三人だ

 

 

ちなみ

に元メンバーはエンジニア・トラックメイカーのALG(アレルギー)とMCのSHIKI(シキ)がいたが1997年に脱退している。メンバーにはもう一人いたというが、あまり情報がない。

 

1994年にEGGマンとハブアイスクリームが出会い、SOUL SCREAMの前にE.G.G. MANとHAB I SCREMとALGでPower Rice Crewを結成

1995年にソウルスクリームに改名。

今でこそ珍しくないが90年代のJAPANESE HIP HOPはイケイケのオセオセが流行っていたがsoul screamは文学的なリリックが多く、社会へのメッセージも濃かった

文系B-BOYと呼ばれたパイオニアといえる。

  • 1996年、1stアルバム『THE DEEP』を発売。
  • 1999年、2ndアルバム『The positive gravity ~案とヒント~』を発売。
  • 2000年、3rdアルバム『THE POSITIVE ENERGY』を発売。
  • 2002年、4thアルバム『FUTURE IS NOW』を発売。
  • 2014年、8月31日に楽曲「ひと夜のバカンス」と「HANABI」のシングルがアナログ盤で発売される。更に同年12月17日には楽曲「蜂と蝶」のシングルもアナログ盤として発売された(どちらも期間限定生産盤)。
  • 2015年、長らく廃盤となっていた1stアルバム「THE DEEP」が2月28日に期間限定生産のアナログ盤として再発。
  • ソウスクと言えばこの曲『The positive gravity ~案とヒント~』に収録された「蜂と蝶]↑

    そしてこの曲も『The positive gravity ~案とヒント~』に収録されていて

    今年[2018年]に話題になった。

    *↑2018


    東京の風景が目にclassics!!トラックかっこよすぎる!!




     

    2.ソウルスクリームの魅力は?

    やはり完成度の高さだろう! イケイケオラオラだけがHIP HOPではない!

    と世間に知らしめた最初のJAPANESE HIP HOPのユニット といっても過言ではないと思う。

     

    DJ CEROLYのBEATのかっこよさは当時から群をぬいていたし、ハブアイスクリームの滑らかなフローとE.G.G.MANの独特なフローも新鮮だった。

    文学的で「なるほど!」と思ってしまうような曲も多々あった。

     

    文系B-BOY なんて呼ばれてるから大人しい人達なのかな?

    と思われそうだが、、きっと数々の修羅場をくぐってきたに違いない

     

    HAB I SCREAMさんを間近でみるとかなり迫力があるし貫禄がある。

    やはりオーラがでてる

     




     

    3.新作はでる?

    ソウルスクリームの新作に関しては全く情報がない。

    2008年にハブ アイスクリームのソロでfeaturing E.G.G.manがあるが、その時でもソウルスクリームの新作については明言されていない。

     

    何か諸事情があるのかもしれない。

    「E.G.G.MANが大麻で捕まったからだ、」など噂はあるが内情は本人達しかわからない。

     

     

    しかし確実にいえる事は

     

    多くのソウスクファンはSOUL SCREAMの新しい魂の叫びを聞きたがっている

     

    彼らが存命するうちは期待してまつしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です