ラッパ我リヤ!!生き続ける伝説!やり方を貫く意志!!!

ラッパ我リヤもヒップホップの隆盛期を支えたラップグループだ。

ワックなラッパーを狩る「ラッパー狩り屋」の意味と、ラップをしたがる「ラップしたがり屋」の意味があるという

ラッパ我リヤは

ひたすら武骨で男臭い!!
押韻術の格闘家!

ラッパ我リヤもやはり他のグループ達とは一線を画していたように思える。

例えばZEEBRA率いるキングギドラは押韻、フローも安定したバランス型のイメージ。

ツイギーとムロのマイクロフォンペイジャーはフロー重視のイメージ。

ソウルスクリームは都会的で洗練されたグループのイメージ。

RHYMESTERはリリックの面白さを伝えるライブ重視グループのイメージ。

などなどあるが、(上記4組はあくまでもイメージなので何かが劣っているとかではない)

ラッパ我リヤは、ひたすら押韻!
男臭い武骨な臭いで荒削り感さえあった。

だから不器用な男でも「ラッパ我リヤみたいに男臭くてもいいなら!俺もラップができるかも!」と思わせたのではないか?

しかし「男臭い!武骨!」
と記してきたが、確かなスキルと
素晴らしいフローも持っている。

何よりも凄いのがバリバリの現役player!!


ラッパ我リヤ『My Way feat. Kj(Dragon Ash)』【Music Video Short Ver.】

何と2017年にリリースされたラッパ我リヤのアルバムにfeaturingされているのは 
KJことドラゴンアッシュの降谷健志!!




 

ラッパ我リヤ

現メンバーは
Mr.Q

ソロ活動、およびMr.RR名義で三善/善三と共にヒップホップグループ「REAL STYLA」としての活動も行う。

 
そして
山田マン (やまだマン)
MC兼トラックメイカー。
本名:山田智成(やまだ ともなり)

山田マン名義でのMCとしてのソロ活動の他、MAN山田(マンやまだ)名義でリミキサーとしても活動、Gacktや松田聖子などの楽曲リミックスを担当する程実は器用。

「山田マン」の名付け親は、B-FRESHのBELL。

DJ TOSHI(ディージェイ トシ)

DJ兼トラックメイカー。本名:長田智哉(おさだ としや)

結成時のメンバー
MMC三好 (エムエムシーみよし)
MC。現:三善/善三(みよし・ぜんぞう)。

三善善三は 
「ラッパガリヤ」の名付け親。以降はソロ活動の他、不定期で「REAL STYLA」としての活動もする。

DJ TANAKEN (ディージェイ・タナケン)
DJ。以降はヒップホップグループ「BACKGAMMON」のDJとして活動中。

ラッパ我リヤの結成は
1993年 Q、MMC三好、DJ TANAKENの3人によりグループ結成。

MMC三好がグループ名を「ラッパガリヤ」と名付け、活動を始める。
 

その後 3人での活動は事実上休止し、Qが「ラッパガリヤ」の名を継承しソロ活動を続けたそして、 Qと山田マンが意気投合し、2人による「ラッパガリヤ」が誕生。

ライブを中心に活動を始めたという。 

1995年 コンピレーションアルバム『悪名』に、楽曲「ヤバスギルスキル」で参加。ラッパガリヤ初の参加作品。

1996年 インディーズレーベルP-VINEよりシングル「ヤバスギルスキル PART II」を発表。初の単独作品。

1997年 ラッパガリヤを中心に、活動を共にしてきた仲間とヒップホップ集団「走馬党」を結成。党首はQ。

1997年 インディーズレーベル走馬党 Entertainmentを設立。


1997年 グループ名表記を「ラッパ我リヤ」に変更し、走馬党 Entertainmentより、12インチシングル「言葉の科学」を発表。

1998年9月25日 走馬党 Entertainmentより、ラッパ我リヤ初のアルバム『SUPER HARD』を発表。

1999年6月9日 山嵐のアルバム『未体験ゾーン』収録の楽曲「嵐2000」にて客演。

山田マンの凄まじい押韻とフローはラップコアのファンにも鮮烈なインパクトを残した。

2000年3月15日 Dragon Ashの楽曲「Deep Impact」にて客演。


Dragon Ash 1997~2001 – Deep Impact (PV 90sec)

これで多くの音楽好きに認知された。

2000年4月21日 DJ TOSHIが正式加入し、Victor Entertainmentよりメジャーデビュー。シングル「Do the GARIYA thing」を発表。

2000年7月19日 第1弾となる2ndアルバム『ラッパ我リヤ伝説』を発表。

ここでラッパ我リヤの名曲「新時代」が発表された

ラッパ我リヤ /  新時代 
凄い!押韻の連打連打乱打!! 

2001年7月18日 3rdアルバム『日本改造計画』を発表。


山嵐 feat.ラッパ我リヤ / 嵐2003

その後もソロ活動や客演などで多忙に活躍している。

グループとしての活動も最近でもガッツリ行っている!超ベテランなのに凄い!

Mr.Qはソロアルバム「Let’s Get !」を2018年の2月に発売しているし精力的だ。

ラッパ我リヤの凄さはやはり現場主義だろう。

よほど現場が好きなのだろう、渋谷などのクラブでの出没率はかなり高い。

そして気さくな山田マンやフリースタイルサイファーを申し込んでもしっかりと入ってきてくれるQ!

有名にも関わらずB-BOY PARKのMC Battleに予選から参加したQの勇姿は多くのB-BOYを感動させた。




まだまだ止まらないレジェンド「ラッパ我リヤ」ずっとチェックしたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です