Ecko UnltdやFUBUは王道B-BOYファッション!!

ヒップホップといえばグラフィティーでもある。

グラフィックアーティストが作るブランドがヒットしメジャーな洋服ブランドになるのは夢がある。

Ecko Unltdもその一つ

Ecko Unltd

ニューヨークで1993年から
グラフィックアーティストでもあるマークエコーによるブランド。HIP HOP黎明期からストリートシーンにその名を刻み唯一無二の超メジャーブランドとして君臨。トップクラスの知名度・ウェアデザイン・クォリティで今もなお世界中のヘッズから圧倒的な支持を集めている。

サイのロゴが最高にイカしている!!↑


これぞB-BOYのパーカー

1993年に創立したアメリカのファッションブランド。
創立者はマーシー・タッパー(Marci TAPPER)、セス・ゲルツベルグ(Seth GERSZBERG)、マーク・エコー(Marc ECKO)。
1993年、「エコーレッド(ECKO RED)」をスタート。
2004年、「マーク・エコー・カットソー(Marc Ecko Cut & Sew Collection)」

可愛さとかっこよさの絶妙なバランスがよい

2019年でもエコーをファッションにとりいれても問題ない。




そしてB-BOYファッションといえば

フブも忘れてはならない。

FUBU

FUBUは、創立者はJ・アレキサンダー・マーティン(J. Alexander MARTIN)、キース・ペリン(Keath PERRIN)、カール・ブラウン(Carl BROWN)、デイモンド・ジョン(Daymond JOHN)。 名前は”For Us, By Us”の頭文字から採られた当て字。 読

1992年、ニューヨーク市で設立。 Tシャツ、ラグビー・シャツ、ホッケー・ジャージー、フットボール・ジャージー、野球帽、靴、デニム・ジーンズなどを展開。
1998年のピーク時には、世界で年間約3億5000万ドル以上の収益を上げた。
その後、FUBUは韓国企業・サムスンに吸収。アメリカでは2010年より「FB Legacy」として新しく生まれ変わっている。

フブ誕生秘話

1992年、地元の帽子屋で好きな帽子を見つけられなかったデイモンド・ジョンはクイーンズの自宅でオリジナルの帽子を作り始めた。
それがきっかけで、Jアレキサンダー・マーティン、キース・ペリン、カール・ブラウンらとともにフブをスタート。

FUBUとは「 FOR US BY US 」(我々のための、我々による)を意味するという。

欲しい物は自分で作る
そんなD.I.Y精神で出来たブランドらしいネーミングだ。

彼らはすぐにBBキャップやTシャツ、ラグビーシャツにホッケージャージといったスポーティなコレクションを展開、瞬く間に全米のストリートシーンで爆発的な人気を誇るブランドにまで登り詰めた。

その後、ストリートシーンから発生するスタイルを洋服以外のアイテムで提案し、フブエンターテインメントという音楽や映画の部門を発足。
代表作でもある「 THE GOOD LIFE 」は記録的なヒットを飛ばしたことでも知られている。

今は亡きNate Doggや
いまも第一線で活躍している
Nas
The E.N.D.
Ludacris
Keith Murray
LL Cool J
Mr. Cheeks
Mac Don
Beenie Man
Erick Sermon
Joe

など豪華メンバーの参加したCompilationアルバムもだしている。

多くのアーティストからも支持されているのがわかる。

フブのデザインは大人っぽいデザインもあるし、スタイリッシュなデザインもあるので飽きがこない。

2019年のB-BOYフッションとしてFUBUを買ってもしゃれている。

ブリブリなアクセとあわせてもよし、細身な別ブランドカジュアルとあわせてもおもしろそうだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です