ラッパーは「悪」であるべきなのか?

半グレ集団・怒羅権(ドラゴン)は全国的にも有名だ。

そんな「極悪」な組織は確かに存在する。
それが世間に認知されているか?ひっそりと存在しているかは様々である。

ドラゴン:怒羅権は
窃盗、詐欺、ドラッグ、殺人などありとあらゆる犯罪を犯して来た集団だ。

警察署に火炎瓶を投げる、火をつけたバイクを突っ込ませる。

ヤクザの事務所を襲撃したり、日本刀で腕を切り落としたり、ととんでない恐怖の半グレだ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は
日本ラップ界において何度となく論議されてきたテーマ


ラッパーは悪であるべきか?どうか?

■■目次■■


☆日本における悪とは?

☆ラッパーは悪いのか?

☆ラッパーの悪さとは?

☆日本人ラッパーはどうあるべきか?

☆☆☆日本における悪とは?☆☆☆

ドラゴンや関東連合などはあまりにも有名な集団だが、有名で強大ではないグループでも「悪」はいる。

例えばハッパ(合法ではない)を売りさばき利益を得ている集団や個人、違法な商品を売りさばき利益を得ている集団、振り込め詐欺グループ、弱い学生などから金を巻き上げている不良グループ、普通に万引きや窃盗を繰り返すグループ、、などなどは令和となった日本にも多々あるだろう。

強姦、強盗、窃盗、器物破損、詐欺、違法取引、車の煽り運転などを行う集団や個人を「悪」といえる。

さらに殺人までしてしまうと「極悪人」となる。

ヤクザや半グレ、犯罪集団など反社会勢力が

日本における悪だ。

☆☆ラッパーは悪いのか☆☆

ラッパーを支持する時の基準となる項目に「リアル」か「フェイク」かがある。

毎日働いてご飯を食べて空いてる時間にラップをする。それでも充分にリアルだし、その平凡な日常の生活をリアルにラップするのもラッパーのスキルだ。

普段の等身大の自分をラップして評価を得ている奴らも沢山いる。

普通に一般的な生活をしていて「俺は気にくわない奴はぶん殴る!」などとラップしているのに、実際は一度も喧嘩などしたことがないならば「フェイク野郎」となる。

これは見破られた場合にアンチがとても増える。

なぜそんな悪ぶるのか?それはラップ=悪い奴!そんな思い込みやイメージがあるからかもしれない。

リアルか?フェイクか?その議論は今
も昔も多くの場でなされてきた、時にリアルである為にラップやフリースタイルで発言した事を実行してしまうラッパーもいる。
例えば「お前をナイフで刺す」などと言えば「ラップした事は実行しなければならない!」などと言いナイフで刺してしまったラッパーも日本でもいる。

またフリースタイルバトルで「お前を刺す」などと言えば比喩表現であり、鋭いラップでお前の心を突き刺す!と言った意味で使われるが、未だに「お前を刺す」と言われてメチャクチャキレてしまうラッパーもいる。なんだかなぁ、、

はっきり言ってラッパーという括りで見ると「ラッパーは悪くない。」

アメリカの多くの人気ラッパーがゲトー出身(低所得者移住地区出身)なので、そこでは盗みや薬の売買、強盗や窃盗、喧嘩などが横行しているのであろう。

そのゲトーでの暮らしをリアルにラップしたラッパーは人気が出てアメリカンドリームを叶えた。

そんなラッパーに憧れてラップを始めた日本人ラッパーも少なくない。

このアメリカのラッパーに憧れている日本人ラッパーは悪い奴か悪い奴に憧れている場合がある。

この一部のラッパーがラッパー=悪とイメージがあるのかもしれない。

しかし、世界のラッパー全体を見ればラッパーは悪い奴らばかりではないのだ。

当然、経済的に安定した日本では悪いラッパーはかなり少ない。

☆☆☆ラッパーの悪さとは?☆☆☆

ラッパーが逮捕された!

そんなニュースを度々目にする。
その多くの逮捕理由は「草」の所持、つまりはマリ○ァナの所持だ。

他にもコカインやシャブなど薬で逮捕されるラッパーもいる。

他には暴行、DVなどがある。

報道されないラッパーでも逮捕されるラッパーはいる。

振り込め詐欺や強盗、ひったくりや喧嘩による傷害、、などだ。

日本では銃社会ではないのでビーフでの「殺人」は表だってはない。

しかし、、アンダーグランドのリアルとしては、、あるかもしれない!!

他には闇ポーカーのディーラー、ぼったくりバーへの誘導、、、

なんだか誇らしげに悪さ自慢をする人達には腹がたってくる。

しかし、犯罪に走るにはそれなりの理由がある人もいる。
家庭環境の悪さやイジメからの反発、社会に対する反発、貧困を理由にした犯罪などそれこそアメリカのゲトーにいる黒人達のように「仕方なく」犯罪に走る人もいるかもしれない。

当然、どんな環境にいようと努力や工夫により犯罪に走らずに抜け出せる人だっている。


☆☆ラッパーはどうあるべきか?☆☆

ラッパーだから悪くあるべき!などという事はない。

ラッパーだから正義を貫く!
そんな事も無理にしなくても良い。


ありのままで良い。

自分のバックグラウンドはしっかりと伝え、性格はまげずスキルを磨く。
それが大事だろう。

有名になったら有名税があるので、普段の言動にも気を付けた方が良いと思うが表現は自由だし、主張も自由だ。

もちろん犯罪に手を染めない事は人間として当たり前の事なので犯罪には手を染めないで欲しい。

リアルに嘘はつかずにスキルを磨く、視点を広げる、知識や経験を広げる事が大事。

しかしキャラクターとして性格として頑張らない人もいる、それはそれで良いだろう。

人それぞれ様々なラッパーが活躍して様々なアイデンティティーのラッパーが活躍して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です