MCとしての定義1

新シリーズ!MCとしての定義

 MCとしての定義とは?


新しい読み物として、様々な角度からMCとしての定義をあげていく。

定義とは?何か?
定義(ていぎ)とは、一般にコミュニケーションを円滑に行うために、ある言葉の正確な意味や用法について、人々の間で共通認識を抱くために行われる作業。
一般的にそれは「○○とは・・・・・である」という言い換えの形で行われる。 基本的に定義が決められる場合は1つである。
これは、複数の場合、矛盾が生じるからである。
つまり、MCとは○○である!と言い切らないと定義にはならない。
定義を決めるのは人間だが、人間は十人十色。
ラッパーやBboyではなく、一般人にMCとは?と聞けば
え?テレビとかの司会?
などと答えるだろう。
それも正解だろう。
ラッパーにMCとは?と聞けば
マイクロフォンコントローラーだ!
と答える人もいれば、マイクチェッカーだ!
と答える人もいると思うし、「自分を貫き通すライマー」と答える人もいるかもしれない。
どれもこれも間違っていない。
つまりMCとしての定義は一つではないのだ。
そうなると定義という言葉に矛盾ができるが、矛盾こそがMCとしての定義かもしれない。
日本語ラップ創設期から活躍するラッパーでありDJであり、ビートメーカーやプロデューサーでもあるMURO氏の曲にMCとしての定義をラップした「第三段落97ページ」という曲がある。
そう、MCとしての定義が書かれた本は最低でも第三段落の97ページ以上はあるということ。
MCとしての定義は
ぶ厚い本となりえる。
そんなぶ厚い本のような内容も連載として書いていこうと思う。
そして、ラップを始める若者や人生に行き詰まった人たちのバイブルや参考書になれば良いと思っている。
「いつか手に取ったこんなクソぶ厚い本
内容はもちろん日本」
↑ムロ氏 第三段落97ページより抜粋
歴史や小話を含めた読み物に挑戦したいと思う。
(途中で飽きたらゴメンなさい(笑))




—————————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です