カルロスゴーンの国籍の1つはフランス。

Hocus Pocus – Hip Hop ? feat The Procussions [Official Video]

おフランスのヒップホップといえば
HOCUS POCUS

ファースト・フル・アルバムとなる「73 Toches」は、ファンク、ソウル、ジャズ、オールドスクール・ヒップ・ホップ… と、実に様々なサウンドの要素が入り混じっているのが特徴で世界中に衝撃を与えた。

生バントのフレンチヒップホップ
フランスのthe rootsと称されたほどのバンドだ。

現在のフランスのヒップ・ホップ・シーンはサイアン・スーパ・クルー(Saian Supa Crew)やこのHOCUS POCUSの成功もあり注目され続けている。




なぜフランスのヒップホップに注目したか?

カルロスゴーンのニュースが目に入ったからだ。。。

カルロスゴーンに100億円の損害賠償請求!とのニュース。100億円、、小学生の冗談みたいな額だ。

↑KRKC&CO 【HIP HOP accessory】

ルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 – )は、ブラジル出身の実業家。

ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。保釈中の2019年12月に日本から密出国によりレバノンに逃亡し、2020年1月2日に国際刑事警察機構により国際手配書(赤手配書)にて国際手配されている逃亡中の刑事被告人。
カルロス・ゴーン

生誕1954年3月9日(65歳)住居 レバノン

国籍
ブラジル
フランス
レバノン

このようにカルロスゴーンはフランスの国籍もあるのでフランスのヒップホップで有名なホーカスポカスを冒頭で紹介したのだ。

*広告



↑独自ドメイン取得なら

日産自動車は12日、前会長のカルロス・ゴーン被告が会社資金を私的に流用したなどとして、100億円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こしたと発表した。日産が証券取引等監視委員会の勧告に基づき金融庁に支払う課徴金や、刑事裁判での罰金なども将来的に上乗せされる方向で、請求額はさらに増える見込みとしている。

 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されていたゴーン被告は、保釈中にレバノンへ逃亡。これを受け、日産はゴーン被告に対する責任追及の動きを加速している。今回の提訴に関して「不正により当社が被った損害についての責任を追及する基本方針の一環だ」と説明した。




*広告



↑レンタルサーバーなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です