またも悲劇が起こってしまった、、

ミーゴスのテイクオフが銃殺されてしまいました、享年28

ヒップホップグループのミーゴスのメンバーであるテイクオフが銃殺された。

ミーゴスのテイクオフが死去

これまで「Bad and Boujee」や「Deadz」などでヒットを飛ばし、グラミー賞に2度ノミネートされたことがあるミーゴスのメンバーであるテイクオフが銃殺されてしまいました。

なぜテイクオフは打たれてしまったのか?

犯人はテイクオフに恨みはあったのでしょうか?

事件の状況

当時テイクオフは、810ビリヤード&ボウリング・ヒューストンというボウリング場におり、クエヴォとサイコロ遊びをしていたのだが、現場で口論が発生して何者かが発砲。TMZは、テイクオフが頭または頭部付近を撃たれてその場で死亡が確認されたといいます。

警察によると、他に2人が撃たれ、自家用車で病院に運ばれたようです。一緒にいたクエヴォには怪我はなかったといいます。

テイクオフは、10月には事件現場に一緒にいたメンバーのクエヴォと共にアルバム『Only Built For Infinity Links』をリリースしたばかりだった。

つまり 口論していて頭にきた犯人が発砲したようです。

テイクオフと知っていて打ったのかどうか?は不明です。

ヒューストン警察署の会見では、警察は現地時間の午前2時34分前後に銃撃の通報を受けた。現場はビリヤードやボーリングが楽しめる施設で、当時は非公開のパーティーが開かれていた。駆け付けた警官らはそこで男性1人が死亡しているのを発見。

このほか23歳の男性と24歳の女性の2人が銃撃で負傷。病院で手当てを受けたが命の危険はなかったという。

施設の従業員らは警察に対し、パーティー終了後に口論が発生したと説明。大勢の集団が建物外の入り口付近に集まり、銃撃に至ったとした。 フィナー署長は、銃撃時に少なくとも40人がその場にいたとした上で、死亡した男性をテイクオフさんと特定したようです。

同署殺人課のマイケル・アーリントン巡査部長によると、現場にいた人々の多くは逃げ出し、警察に供述することはなかったといいます。

HIP HOP界の訃報

テイクオフさん死亡のニュースはヒップホップ界に衝撃を与えました。9月にはラッパーのPnBロックさんが、ロサンゼルス市内で強盗に射殺される事件も起きていました。

過去を辿ると2PAC、BIGGYは何者かに銃撃され命を落としています。

他にもニプシー・ハッスルやXXXTentacion、ポップ・スモーク、ヤング・ドルフ、トラブル、などが命を落としています。

追悼のコメント

テイクオフさんの死亡を受け、多くの人気ラッパーらがSNSへの投稿で哀悼の意を表明しました。

テイクオフさんと共同で楽曲を制作していた

グッチ・メイン「心が打ちのめされた」

他にもスヌープ・ドッグ、Nas、アウトキャスト、バスタライムス、トラビススコト、グッチメイン、ドレイク、、、ミーク・ミル、DJキャレド、チャンス・ザ・ラッパー、シーロー・グリーン、ファレル・ウィリアムス、などらっぱー以外の多くのアーティストからも追悼の言葉があがっています。

ミーゴスの楽曲

Bad and Boujee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です