アンチコンのaliasの命日が近い、、

AliasことBrendon Whitneyが41歳で死去したのが2年前2018年の3/30日だった。

わずか41歳で、、

Anticonの共同創設者が心臓発作によって亡くなったのは衝撃だった。もうすぐで2周忌になるのか、、

アンチコンのエイリアスはわずか41年の人生で終わってしまった。

アリの絵が描かれたCDジャケットは
明らかにアンダーグラウンドレーベルっぽいCDジャケットだった。




インターネットがあまり普及していない時代にジャケット買いをした人も多いはずだ。

何となく凄そう!と思って買ったら当たり!
それが、アンチコンでありAlias(エイリアス)の作品だった。

Aliasとして知られるプロデューサー/DJ、ラッパーのBrendon Whitneyの命日は2018年3/30日だ。
41歳の若さでこの世を去ったという。

3月30日に心臓発作の為死去したWhitneyは、’90年後期から2000年代にかけてのインディペンデント・ヒップホップシーンの立役者となったアメリカ拠点のコレクティブ/レーベル、Anticonの創設メンバーの1人だった。

なぜアンチコンのAlias(エイリアス)は心臓発作が死因で亡くなった?

エイリアスに持病はあったのか?入院していたのか?薬のオーバードースなどはあったのか?それはわからない。

健康な人でも心臓発作は起こりうる。

彼はAlias名義でレコードをリリースする傍ら、AnticonのグループDeep Puddle Dynamicsをはじめとする様々なプロジェクトにも参加していた。Alias名義での最後のLPは、2014年発表の『Pitch Black Prism』となった。




エイリアスは、Anticon(アンチコン)に所属するMC兼プロデューサーで、ソロや、Deep Puddle Dynamics(ディープ・パドル・ダイナミクス)、So Called Artists(ソー・コールド・アーティスツ)などで活躍していた。

アンチコンはヒップホップ版ポストロックやアヴァンギャルド・ヒップホップと言われていた異色といえば異色のヒップホップクルーだったのかもしれない。

しかしアンチコンの姿勢こそがヒップホップだったと思う。

アンチコンはオルタナティブ・ヒップホップの集団であったが、レーベルはインディ・ロックやエレクトロニカのジャンルの音楽もリリースし始めた。

これは常に攻めの姿勢である事がわかる。

アンチコンと契約したアーティストはアメリカ合衆国、カナダ、イギリスを拠点に活動している。

アンチコン (anticon.)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするインディーズレーベルである。1998年、7人のミュージシャンとマネージャのベイリー・パーカーによって設立された。

エイリアスがなぜ?心臓発作を起こして亡くなったのかはわからない。

もともと、心臓が弱かったか、持病があったか?
入院していたか?などはわからない。
悪い薬のオーバードースか? わからない。

なぜ心臓発作で亡くなる人がいるのか?わかったら神だろう。健康的な生活をしていようが心臓発作で亡くなる人はいるのだから。

ただただ新しい作品が聞けなくて残念だ。

Rest in peace




Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA