ジュースワールドが急死?なぜ?

ラッパーのジュース・ワールドが死亡した。

なぜRAPPERのジュースワールドは亡くなってしまったのでしょうか?

死因は何だったのでしょうか?2019年12月の報道ではわかりませんでしたが、次第に真相がわかってきたようです。

■ラッパーのジュース・ワールドの死

2019年12月8日、米シカゴのミッドウェイ空港で発作を起こし、21歳の若さで生涯を閉じたと米ゴシップサイト・TMZが伝えている。

■多くの憶測

報道では死因はわからなかった、、、多くの憶測がなされた。

死因は空港で発作を起こした事が発端かもしれません。。
それが引き金で心不全でしょうか?

若いのに突然死ぬ事は稀にあります。

しかし、人気のラッパーが急死するなんて疑惑がありますね。
ジュースワールドに持病はあったのでしょうか?
不摂生な生活だったのでしょうか?
タバコはすっていたのでしょうか?
またお酒は好きだったのでしょうか?

病死か?
オーバードースか?
毒殺か?

真相はわかりません。しかし毒殺は可能性が薄いでしょう。 そんな風にジュースワールド死去の報道がされたときは思ったはずです。

■ジュースワールド死去の報道

ジュースこと本名ジャラド・アンソニー・ヒギンズは、飛行機でカリフォルニアからシカゴに到着後、空港内を歩いている最中に発作を引き起こしたという。警察の報告書によると、救急隊が駆け付けた際、ジュースの口から血が流れていたそうで、その後、病院に駆け込むも、死亡が確認されることとなった。
また、直接の死因及び、発作の原因については現在のところ明らかにされていない。
メジャーなレーベル所属ミュージシャンとしてのキャリアが始まったばかりのジュースだったが、2018年「ルーシッド・ドリームス」でチャート2位を飾るなど、昨年から今年にかけて多くのヒットシングルを世に送り出していた。
また、自身の曲「オール・ガールズ・アー・ザ・セイム」のリミックスでリル・ヨッティと、「ヘイト・ミー」でエリー・ゴールディングと共演、トラヴィス・スコットとは彼のアルバム「アストロワールド」収録の「ノー・バイスタンダーズ」に参加するなど精力的なコラボ活動も見せ、今年になってBTSのRM、シュガと共に「オール・ナイト」をリリース、同曲はモバイルゲーム「BTSワールド」のサウンドトラックに収録されている。
12月2日に21歳の誕生日を迎えたばかりのジュースだが、現在、遺族からの公式のコメントは発表されていない。
一方、コラボ相手の一人だったエリーはツイッターにこう追悼の言葉を寄せている。
エリーは「信じられない。あなたは本当に優しい魂の持ち主だった。あのビデオの撮影であなたと家族に出会った事をいつまでも思い出すことでしょう。そしてあなた達がとても親密だったことも。まだまだこれからだった、始まったばかりだった。あなたがいないことが寂しいわジュース」と最初のツイートで綴り、続いてXとキャプションを付けたジュースとの写真を、最後には悲しい顔をした絵文字を投稿している。

他にもDJでプロデューサーのゼッドは「ジュース・ワールドが亡くなった。ショックで悲しいにも程がある。若すぎるよ」「人生はいつ終わるかわからない」「お互いに優しくあるべきだ」と、リル・ヨッティは「こんなこと信じられるか。RIP俺の兄弟ジュース・ワールド」「何で死ぬんだよ!!!!」と悲痛の叫びを綴っている。

日本からもかなり多くの悲しみの声が投稿されている。

またおおくの憶測もされている。

■ジュースワールドの死について2020年1月に分かった事

2020年1月22日医療検査官によって オキシコドンとコデインによる不慮のオーバードーズだった事がわかりました。直接の死因はてんかん発作です。

オキシコドンは聞きなれないですが、麻薬です。鎮痛剤のひとつですが服用に際し多くの禁忌があり、服用後のヤバめの副作用があるようです。。

コデインは鎮痛、鎮咳、下痢の改善などの薬です。日本では劇薬に区分。

国際条約である麻薬に関する単一条約が、コデインをスケジュールⅡ薬物に指定している

との事だ、コデインの説明は素人だと少しわかりにくいが‘とにかく強い薬で危なそう’というのはわかります。

■まとめ

ジュースワールドはオーバードーズによるてんかん発作で亡くなってしまったようです。

ジュースワールドが喫煙者だったのかジュースワールドが酒好きだったのかわかりませんが、体調が悪くて薬を過剰摂取したのか?快楽の為で中毒になったのかは不明です。

薬は正しい服用をしないと怖いですね。そしてとにかく麻薬は危険ですね。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA