タモリさんの影響力の凄さよ

今日気になったニュースは
タモリさんがエビフライを名古屋名物にしたのでは?という記事だ。

かつてタモリが若手の頃に名古屋を小馬鹿にしたようなネタを乱発していたらしく、エビフライを「えびふりゃー」などと言った。

それでエビフライを求めて名古屋に人がきた。

そこからエビフライは名古屋の名物になったのでは?との事。

しかし私はエビフライが名古屋名物なんて聞いた事はなかった。そして名古屋に住む人たちもエビフライが名物とはピンとこないようだ。




実際には名古屋の飲食店ではエビフライを名物として出している店も多く、その由来はタモリさんの影響はある。との事。

凄い影響力だ。

若手だった頃のタモリはかなりの曲者で嫌われ芸人に近かったようだが、影響力はあったのだろう。

タモリといえば音楽に精通していてラップの腕前も凄い

ヨルタモリ 中国語ラップ

ランディーエムシーに日本で唯一対抗できる男その名はタモリ

凄いフロウ!リップスライムもランディーエムシーも驚いている。



他にも多分タモリ倶楽部ではZEEBRAさんと共演した日本語ラップも番組では披露していた。

その時はタモリはアンクルティーと名乗り
「アンクルティーはユンケルD」などと凄まじいライムセンスも発揮していた。

jazzに精通していタモリならではのアドリブ力!逆に言えば今のラッパーはjazzを学べばもっとスキルアップができるかもしれない、、

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA