大麻で捕まったラッパーとは?また何らかの理由で逮捕されたラッパーとは?

UZIが大麻所持で逮捕された衝撃はでかかったが、今は現場復帰してそうだ。

そんなにUZIはウィードやマリファナ、ガンジャやカンナビス、大麻やチョコレートなどのワードをリリックにぶっこむタイプではないだけに逮捕された時はびっくりした。

他のラッパーではよく「ガンギマリ!」

「目を真っ赤にして、キマル」とか「ケムリをはく」「スモーキンエブリデイ」とか「ボングの準備は万全だ」

など、この人マリファナを吸ってるんだな、、的なリリックは登場する。

そういったラッパーなら「ああ、やっぱり捕まったな」と納得できる。

そうして大麻で捕まったラッパーは多い。

UZIは「平成維新!嵐巻き起こーす!位置について但し先を越ーす!」

と いった具合の男気全開のラッパーだ。

ラッパーには何種類かいると思う。

スタイリッシュに何でもこなすラッパー。女受けするラッパー。

英語を多様するラッパー。

文学的なラッパー。

ハードコアなラッパー。

そしてUZIやラッパ我リヤのような武骨なラッパーなどだ。

たまに「ダサい」とか「暑苦しい」と言われるが、そのダサさと熱さが良いんだよ!とリスペクトするB-BOYは多い。

他のラッパーで大麻で捕まったラッパーとは?

↑KRKC&CO 【HIP HOP accessory】

Gkマーヤン

GKマーヤン は2014年に大麻で捕まったラッパー。

BIG RON は2011年に大麻で捕まったシンガー

YOU THE ROCK☆は2回2005年と2010年に大麻で捕まってるラッパーだ。

STICKY

STICKY(SCARS)は2010年に大麻で捕まったラッパー。

YOU THE ROCK

2005年に大麻所持で逮捕された。当時大人気だった為に衝撃だった。

物真似タレント原口あきまさがモノマネしていたほどだ。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

次はラッパーではないがラップグループの

DJ KATSU (ヒルクライム)は2017年に大麻で捕まったDJだ。

大麻以外でも逮捕されたラッパーは多い。

D.O(練マザファッカー)はコカイン所持で2009年に捕まった。

ラッパーとよくfeaturingしていた詩音はケタミン所持で2009年に捕まった。

大麻以外で捕まったラッパーで最も危ないのはシャブだ。つまり覚醒剤。

大麻はハッキリ言って自分の意思でやめられる。中毒性はタバコや酒の方が強いのでは?と思えるほど、、と聞く。

しかし、ケミカルは危険と聞く、シャブ(覚醒剤)は更正などできない!とまで言われている超危険な薬物だ。

剣桃太郎と鬼というラッパーはシャブ等で捕まったラッパーだ。他にも違う犯罪でも捕まっているらしい。

そして、使用するならまだしも密輸で捕まっていたラッパーもいる。

著書「監獄ラッパー」のBIG JOEは麻薬密輸で捕まっていた。

こうみるとやはり禁止薬物や大麻で捕まったラッパーは多い。

しかし、芸能人で逮捕で捕まっていた人も多く、今はしれっと活躍している芸能人も多い。

時代のせいなのか、それともやはり大麻は復帰あり と思われてるのか?

わりと大麻逮捕されても活躍している芸能人はいる田中聖(元KAT-TUN)は最近捕まったが、今も何らかの芸能活動はしているだろう。

ここからは大御所

長渕剛

錦野旦

美川憲一

井上陽水

いしだ壱成

カルーセル麻紀

などだ。

大麻好きをあからさまにしている芸能人もいた。

忌野清志郎ほ大麻で逮捕されていないが、明らかに大麻好きだ。そしてヘロイン(最上級に危険)さえも使ったと本で告白していたようだ。

他にも窪塚洋介はふんわり言っているが捕まっていない。

結論として大麻をやりたければ合法の国でやった方がよい。日本でやれば確実に犯罪だ。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA