日本人のヨーヨーレベル高いらしい!海外の反応も良い

ヒルナンデスでヨーヨー達人のママが紹介されていた。

ヨーヨーの世界大会では日本人が上位をしめるようでレベルが高いようだ。

特に凄いのが三浦元君
(読み方:みうらはじめ)
何と6連覇!

三浦元くんの経歴は

小学2年生(8歳)でヨーヨーを始めて2年後に
2014年(10歳):「ワールド・ヨーヨー・コンテスト2018」3A部門初優勝!

※この時の準優勝選手は4連覇していた強豪。

2014年から(11歳の時から):「ワールド・ヨーヨー・コンテスト2018」3A部門を6度制している!!
6連覇!

※3A部門とは:2つのヨーヨーを使った競技。紐同士が絡まるリスクが高い

小学2年生でヨーヨーと出会って、2年後には世界大会で初優勝!凄い。

2016World Final 3A 01 Hajime Miura




2019World Final 3A 01 Hajime Miura WORLD YOYO CONTEST 2019 Presented by Cloud Native Inc WYYC2019

日本のヨーヨー達人の動画は海外からの反応も凄く、絶賛が多い。

面白い反応としては「彼は忍者だ」
「スパイダーマンだ」
「俺は犬の散歩しかできない」
「俺は手に戻ってこない」
「日本人は何やらせても凄いな」

などだ。

ヒップホップの音楽にもヨーヨーは会うし、ラッパーはyoyo言いがち。

そしてヒップホップでヨーヨーといえば
この人この女性

Yo-Yo – Ibwin’ With My Crewin’ | Official Video




Yo-Yo(ヨーヨー)は、西海岸のフィーメールMCで、1990年にIce Cube(アイス・キューブ)のファーストアルバムに収録の「It’s A Man’s World」でデビューして、いきなり注目を集めた。
その後は、西海岸を代表するフィーメールMCとして活躍する一方、女性の地位を向上させる団体の活動なども行った。

カッコいいーー

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA