MCバトルに勝つ為のフリースタイル上達法 第三章

第三章
■■.フリースタイルラップ基礎中の基礎の練習方法■■

フリースタイルダンジョンやYouTubeを見て、MC BATTLE をやりたい!と思った人は何から始めれば良いのか?

*スポンサードリンク




まずはリリックを書く 
 何を書いていいのか?わからない人はまず自己紹介ラップを書くと良いだろう。

まずはMCネームを決める。
できるだけ簡潔だが人と被らないような名前が良いだろう。
 名前のインパクトも大事だ、安易な名前ではそこを狙われる可能性がある。後々有名になったとしてもインターネットで検索した時ありきたりな名前だと情報に辿り着かない可能性がある。

本名を使うのであれば、プラスアルファをつけると良いだろう。
例えばken the 390 やTAKUMA THE GREAT、サイプレス上野や山田マンなどだ。
 

自己紹介ラップとは 
例えば
俺は東京生まれ HIP HOP 育ち 
悪そうな奴は大体友達 

 あまりにも有名なZEEBRAのパンチラインである。
 
何を書いていいのかわからないならば、何を書いていいのかわからない曲を作ってもよい。社会への不満、嫌いなartistのディスだってよい。

ラップ初心者が意識することはとにかく韻を踏む事。

まずはラップを書いて覚えるのだ、書いて書いて書きまくる。例え無意味なリリックでもスラスラと韻を踏みながら書けるようにならないと到底即興でラップはできない。

その時に必要な事はトラックに会わせてリズムよくラップする事を心掛けよう。録音して聞いてみたり友達や仲間に聞かせて反応を見るのも良い。録音方法は機材がなくても今はスマホや携帯のムービーやボイスレコーダーで確認できる。

既にラップをやっているけどフリースタイルの苦手なラッパーもいるはずだ。
そんな人がまずフリースタイル苦手を克服するには「意味を考えずに韻も考えない」フリースタイルを覚える事だろう。
これがなかなか難しい!この件は後の章で解説するとしよう。

フリースタイルを上達させるには、リリックを書き、曲を作りラップをするのと平行してフリースタイルの練習もしておくべきだ。
*スポンサードリンク




フリースタイルの練習はどこでもできる。頭の中で考えるだけでも上達する。
目にした物からすぐにラップに繋げる、例えば 「電車」ならば
 電車で皆してるプチャヘンザ 
  とか
 自販機 あれは自販機この練習がなる基盤に
 
など何でも良い。

とにかく言葉がすぐに出てくるように練習する。初心者ならばとにかくメモしたりリリックを書き殴る事が重要だ。

そして、フリースタイルの練習及びMC BATTLE に強くなる為にもっとも効率的な練習が数人のラッパーで輪になって行う「サイファー」である。

次回に続く
*スポンサードリンク



Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA