2020年も注目したい福岡のラッパーとは?

2017年に書いた福岡注目のラッパーに追加したいラッパーが増えた。

2020年も福岡注目のラッパーはRin音やPEAVISだ!

Rin音とは?

Rin音は
福岡県宗像市出身の1998年生まれのラッパー。

18歳からラップを初め、速攻でシーンに頭角を現した!
九州MCバトルで優勝。物凄い才能か物凄い努力したのか?どちらにしろ化け物か!!

2019年7月1stEP「film drip」を配信し話題になる。

クボタカイ、空音と並びHIPHOPシーンにおいて新世代のラッパーとして注目を浴びている。

更に注目すべきは今年!1st アルバムをリリースとの事だ!

予定日では2020年6/10に 1st.Album 「swipe sheep」をリリース!との事だ。

Rin音は「 収録曲すべて激ヤバいものだらけです。 特に昔の曲はパワーアップし、より理想に近い形でお届けします😀 タワレコオンラインにて予約開始しております」
と自信を見せている。

↓予約、購入はこちら
*Rin音の1st アルバム「swipe sheep」
タワレコのページはこちら !


PEAVISとは?

PEAVISの年齡は28歳(2020年現在)

1991年生まれで福岡出身
同年代のラッパーはR指定やKANDYTOWNのKEIJUなどだ。

PEAVISのラップ歴は長い。

15歳でラップを始めたようだ。
そして1stアルバムの発表が18歳というのだから順風満帆なスタートだ。

長いキャリアもあるので安定したフローと存在感があり、交友関係もあるのだろう。共演者は幅広い。

‪PEAVIS “Taiyo” (Prod by Olive Oil) (Official Video)

以前は当ブログで2017年にも紹介したPOCKYというMC nameで活動していた。

PEAVISに改名してからは全国各地のアーティストとコラボするなど、福岡にとどまらない活動をしているようだ。

PEAVISはYelladigosに所属

PEAVISは現在、福岡の若手クルー「Yelladigos」としても主に活動。

Yelladigosは2015年に結成され、Story Of Indigo、 SPACE TRAIN EPなどのアルバムを発表

・Yelladigosのメンバー

YelladigosのメンバーはRIO、PEAVIS、BASHI THE BRIDGEの3MC。

音源を聴けばわかるが、皆うまい!!

Yelladigosの音源はどちらかというと90年代HIPHOP flavorsがある印象だ。

PEAVISソロ曲でのラップスタイルと一味違うスタイルのようにも思える。

PEAVISの音源とは?

・‪PEAVIS “Beautiful Life” feat. YonYon‬

Ftのyon yonの可愛さも良いですね。

他にもYelladigosの曲もやばい。
Yelladigos – Neo Jungle‬


Dope!!
Awesome!

かなり黒いビートで雰囲気もハード。Yelladigos時代の音源の方がアンダーグラウンド好きにはビンビンくるかもしれない。

福岡は都市もでかいので多くの逸材がいるはずだ。今後も注目したい。

☆☆☆☆ちなみに☆☆☆☆

2017年に紹介した福岡注目のラッパーとは?以下の通り。
◆九州の最大の都といえば博多だろう。博多がある県 福岡県のラツパーとは?
福岡のラッパー

■福岡県のラッパー

KBM
福岡在住のラッパー。
Keylight Distortionのメンバーとして活動する傍ら、バトルMCとしても人気を博している。

一度聞くと耳から離れないハイトーンボイスが特徴的なマシンガンラップ。

現在はMC松島主宰のレーベルトウキョウトガリネズミに所属。
MC 松島の顔の広さには脱帽だ。
更に男性だけじゃない

■福岡のラッパー泉まくら


福岡県在住。術ノ穴所属のフィメールラッパー。

2012年 術ノ穴へ所属し同年発表されたデビュー音源「卒業と、それまでのうとうと」が各メディアで話題となり、くるり主催「WHOLE LOVE KYOTO」出演やパスピエとのコラボ音源『最終電車』リリースなど大きな注目を集める。

2013年10月には待望の1stアルバム「マイルーム・マイステージ」が各媒体でBEST DISCに選ばれる。

2014年公開TVアニメ『スペース☆ダンディ』では菅野よう子とのコラボ楽曲を提供。

2015年メインプロデューサーnagacoをはじめ、Mitsu the Beats、Olive Oil、LIBRO、食品まつりという初顔合わせなプロデューサー達が名を連ねたアルバム「愛ならば知っている」をリリース

■独自の感性を持つラッパーも福岡にはいる。
NF Zessho

1993年生まれ。福岡早良区出身。
自然体(Natural)でありながら鋭い観点で日々の生活を切り取り、持ち前のメロ ディセンスで唄うMC。
15歳より活動を開始、若くして東京⇔福岡を行き来する生活の中で独自のスタイルを確立したとのこと。
期待できる。

■ビートメイクとラップの
二刀流もいる。福岡のラッパー INNO

1984年生まれ。
福岡を拠点に活動を重ね01年にDAM、GQとGDARW.B.C­ONECTIONを結成。

MC兼トラックメイカーとしても活動を広げる。

05年には1st Album “MC IS REAL”をリリース、同年RAMB CAMP、BRAINHACKER等のアルバムにフィーチャリングとして参加、楽曲提­供も行う。

05年には共に日本縦断ツアーを敢行し、全国のヘッズから高い注目を集める。06年に­はソロ名義でミニアルバム[MOTION]をリリース、07年12月にはOlive Oilのセカンドアルバムにも収録の “Funky Response – Olive Oil REMIX – “を収録した12inch [FROM 薬院 Ⅱ]をリリースしさらに話題を集める。

何とも層の暑い福岡のラッパー達だ、、、

これからも福岡のシーンは期待できそうだ!

更に
■RIO
福岡のHIP HOP squad
信狂楽団
BOSA2,MARIMO,YUTAROW,N-ILL,SHIGGEによる福岡オーケストラ集団

まだいる!福岡在住ラッパー



■POCKY
神戸生まれ福岡在住のラッパー。RAPを始めたきっかけは中学の友人が50CENTを聴いていて、それでHIPHOPを知り、それからキングギドラや妄走族にROCKされていき、中学2年でRAPを書き始める。
ショウビズという水槽の中をもがきながらもFLOWするB-BOYの姿がある。ティーンの頃にフックアップを受け、一躍注目を集めた後。メインストリームの荒波に揉­まれながら、地元の同世代とクルーを組むなど、絶えずアーティストとしての理想を求め­続けた葛藤にアンサーを出す時が来た!
との意気込み!!

☆福岡はレベル高い!!本当に大都市で進んでいる文化をもってる!

ラーメンと同様九州はレベル高い!
↓2017年の記事
*
大分のラッパー、佐賀のラッパー、福岡のラッパー、熊本のラッパー、長崎のラッパー、鹿児島のラッパー。九州のラッパー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上のように書いた。当然2017年に書いた注目のラッパーも引き続き注目したい。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA