ブームボックスの楽しさと美しさ!

ブームボックス、ゲトーブラスター、ドデカイラジカセ。それは、、つまりヒップホップって事でオッケー?
はい!オッケーです。(笑)
今日はブームボックスの魅力について語ります。

ラソニックのブームボックス

まずはこちら。

ラソニック Lasonic i931 Ghetto Blaster ブームボックス型 iPod用ドック

数年前に私の周囲で密かなブームになっていました。見た目はoldschoolなラジカセですが、カセットテープを聞く為のゲトーブラスターではなく、I POD用のスピーカーなんです。

ちなみにテープタイプはこちら

かなり武骨ですね!

外でガンガン使うのがカッコいいと思いますが、どうしても爆音になりがちなので周囲に気を使って使用するとよいでしょう。

また外で使うとなると電池駆動になります。iPodのスピーカーは持ってないのでわかりませんが、カセットタイプですと単1電池を10本くらい使います!!

カセットタイプも外部入力端子はありますので、iPodやウォークマンから音を出せます。サイファーや路上販売、路上ライブなどにつかえますね!

マイク端子もついているのでマイクを使いライブ的なパフォーマンスもできますしパスダマイクでサイファーもできます。

もちろん、家でガンガンならすのも良いです。ホームパーティーに最適ですよ。

ホームパーティーのお供といえばテーブルにピザ、プラスmoreチキンです。それをビールで一気に流し込むのがオツですね。

ミニチュアもある。

写真の前面にある小さいラジカセがRepliTronics M90 MINだ。

これはラジカセ/ブームボックスを小型化したレプリカ。

ベースにされたモデルは日本ビクター/JVCの「RC-M90」。

ビースティー・ボーイズのアルバム『Solid Gold Hits』のカバーとか、LL・クール・Jの『Radio』のカバーにもなっている有名なモデルだ。

これはいい音でも知られるが、デカくて重い!!

寸法は668 x 350 x 177 mmで、重さは10kgだそう。重くて不便だけど、、その武骨さがブームボックスの魅力の1つです。

しかし、「RepliTronics M90 MINI」は大きさは本家より60%小さく、重さは80%軽いという。

カセットテープこそ入らないものの、ただの模型ではなくちゃんと実用性もあるというのだからこれは買いでしょう。

これも良いですねー!お洒落です。

面白グッズもあり

ブームボックスのデザインのバックです。

これをもってる人は確実にB-BOYですね

(んな事ないか(笑))

ドン・キホーテによく売っていました。

ブームボックスとヒップホップ作品

ヒップホップの基本!映画ワイルドスタイル!

トーキョートライブの海君も当然ブームボックス持ってます!トーキョートライブの海はカセットテープで聞いていたようです。

LLCOOLJといえばラジカセ!似合いますな。

ブームボックスどこで、買う?

古いラジカセの専門店があります。

ビックカメラやヨドバシカメラなどではあまり見かけませんね、昔はレコード屋や洋服屋でもありましたね。

ネットで見つけるのが簡単です。

あとはハードオフには日本製の古いラジカセが売っていたりするので、、穴場です!

ドラム缶ラジカセとか懐かしいですよね。

ゴツいラジカセ 

美しいです