Funk the jonathang’が解散していた、、

Funk the jonathang'(ファンクザジョナサン)略してファンジョナのデビューアルバムは衝撃だった。。

2017年の夏頃にリリースされた作品だった。

2019年の11月後半に突如としてTwitterに解散の知らせが拡散された。

黒髭一気一発 feat.Ganger

この曲のPVの閲覧数は何と9000回以上!

人気の高さがうかがえる

アルバム粋酔酔(すいようすい)のレビューをみてみよう。

作品名は粋に酔う酔うと書いて スイヨウスイ

ファンクザジョナサンらしい酒好きなタイトルだ。

まずはイントロ
一曲目は超大ネタサンプリング

スムーズなラップはジジから始まる
続いて躍動感抜群のゆうしのラップ

ナイスなコンビネーションだ。

2曲目もかなり良いトラックだ!こちらは動画もあがっているのでチェックできる!

ファンキーなギターのサンプリングが心地よい
一曲2曲と
酒にまつわる曲が多いのか?と思わせるには充分なでだしだ!feetのゲンガーも良い味だわ

三曲目はかなりアップテンポのパーティーチューン!
ピアノが心地よい!

4曲目
どこかノスタルジックな曲調
スピーカーによっては全ての曲のラップはトラックに埋もれてしまっている感はあるが音楽性の高さがうかがえる。

feetの赤松はるかが凄まじく存在感を出している。
アンニョイな歌声は中毒性がある。

少しRBシンガーの歌い方の女性シンガーは同じような発生と発音なので食傷気味だったが、アンニョイな歌い方は最高だ。

ソロシンガーとしての赤松ハルカも注目すべきだ。

5曲目はスキット
様々なラッパーから激励をうけている。


6曲目は
ダンサンブルでジャジーヒップホップ!

脱力感だが盛り上がる!

7曲目は静かなジャジーヒップホップ

フックがメロディーアスな曲が多いが
とても心地よい めちゃくちゃ歌がうまいというわけじゃないがついつい口ずさみたくなる。

ジジは全盛期のツイギーのようなフローと世界観を持ってる。

8曲目は
アングラヒップホップなトラック
Laやデトロイトヒップホップのようだ。

フックがカオス(CAOS)の歌だ
feetのカオス かなり良いフロー!

シンガーがラップしてるような歌のうまさだ。
カオスはバンド出身ということで曲にあわせたフローが素晴らしい。
ファンジョナと相性よいー!

9曲目は
アウトロでインスト
10曲目は
ラストチューンにして最高なチューンだ!

希望が湧いてくるようなトラックにラップ
フックも良い!

全体的に地味なのかもしれないが、素晴らしい作品だ。

チェックして損はない、いや!得しかない。

まだ若手なだけに解散は惜しい。

Twitterでも名残惜しむリプライが多くよせられた。

RHYMESTERなどともイベントで共演しているので売れる要素ばかりだった。

しかし、ゆうしとjijiの二人ともソロで活動するという事なのでそちらを楽しみにしつつ、いずれまた交差する事を願い、、その日まで酒を飲んで待ち続けるとする


Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA