HIP HOP初心者リスナーへオススメの映画、漫画、本とは?

久しぶりの初心者HIP HOPリスナーの為のヒップホップです。

あまり注目されていないPLAYERに注目して今後の成長を楽しむのもヒップホップの楽しさの1つなので、推しB-BOYを見つけるのもいいですね。なのでSpecial Pick upのアーティストを
是非チェックしてみてください。

今日はHIPHOPを様々な形で学ぶ方法を紹介します。具体的にいうと。映画や漫画、書籍から学ぶのも良いかもしれません。

まずは映画

初心者HIP HOPリスナーにおすすめ映画

WILD STYLE

DOPEなB-BOYなら言わずと知れた映画。
HIP HOPってこんな文化なんだよ!って映画の基本であり究極!

8MILE

フリースタイルブームの火付け役映画!!
この年から(2002年優勝者はMC漢)B-BOY PARKのMC BATTLE伝説が始まった!と言っても過言ではない!
Eminem – Lose Yourself [HD]

DO THE RIGHT THING

「オレのジョーダン踏むんじゃねぇ!!」的な!スニーカー愛も感じられる
スパイク・リー監督作『ドゥ・ザ・ライト・シング』

社会的・政治的な問題を取り上げてつねに観る者に論争を巻き起こす、鬼才スパイク・リー監督の映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989年)。

ニューヨーク・ブルックリンを舞台に人種差別を扱ったこの作品もあらゆる方面で物議を呼び、映画史に残る1本になっている。
ちなみに、

ブームの火付け役となった映画は多いが、この作品がスニーカーカルチャーへ与えた影響は計り知れない。登場人物たちのほとんどが歴史に名を刻む多くの名作スニーカーを履いているが、なかでも登場人物の1人、バギン・アウト(ジャンカルロ・エスポジート)が買ったばかりのスニーカーを踏まれてしまう場面で履いていたのが「NIKE Air Jordan IV(ナイキ エア ジョーダン フォー)」であり、作品を象徴するシーンにもなっている。

サイタマノラッパーシリーズ

サイタマノラッパー
☆☆
『SR サイタマノラッパー』は、2009年公開、入江悠監督の日本映画。

埼玉県深谷市をモデルとした郊外の町を舞台に、ラッパーを夢見るも冴えない日々を過ごす青年たちの鬱屈を描いた

☆☆SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム

舞台を埼玉県から群馬県に移し、音楽を愛する20代後半の女性たちが直面する理想と現実のギャップを描いた作品。

☆☆
『SR サイタマノラッパー』1作目でMC IKKUとMC TOMと別れ、東京に出ていった元“SHO-GUNG MC MIGHTY(マイティ)のその後。ラップをあきらめず、チャンスを狙っていたMIGHTYだが現実は厳しく、ある事件をきっかけに窮地に追い込まれていく。。

全部見るのがオススメだが、3作目が一番見やすいかもしれません。いとうせいこうや有田哲平などの著名人も出演!

他にも

スタイルウォーズ

スタイルウォーズ

80年代NYのグラフィティ事情が生々しく記録されており、グラフィティで埋め尽くされたれ地下鉄が普通に運行しているNyはHIP HOP発祥の地ならでは!ラップ・DJ・ブレイキング・グラフィティとダンス四大要素が絡む!!
ちなみにNORIKIYOもオススメしてるという!!
オールドスクール期の面白いドキュメンタリー映画。

BLOCK PARTY

Block party

アメリカの人気スタンダップ・コメディアン、デイブ・シャペルの発案により2004年9月18日にニューヨーク・ブルックリンの路上で開催された一夜限りの無料シークレットライブの模様をとらえたドキュメンタリー。アカデミー脚本賞を受賞した「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が、カニエ・ウェストやローリン・ヒルらヒップホップ界を代表するアーティストたちのライブシーンから舞台裏まであますことなく映し出す。


他にもたくさんあります。
むしろHIP HOPを知っていると、HIP HOP映画ではない作品からもHIPHOPを感じられるので面白さは倍増します!


ヒップホップの漫画!

ヒップホップの漫画といえば!

『TOKYO TRIBE2』ですね!

ファッション誌『boon』にて、1997年から2005年まで連載された作品。

単行本は全12巻。

架空の町、“トーキョー”に生きる若者達の日常を描いている。暴力、犯罪、殺人、そして愛と友情を、実に過激に、過剰に描写!

ヒップホップメインの話しではないのだが、仲間意識やノリ、登場人物や服装などはかなりヒップホップ!

とても過激だけど、仲間っていいな☺️と思える作品です。

ヒップホップやR&Bなどの音楽の小ネタが作品中に散りばめられている。

架空の町とされているが実際の町並みが描写されていることが多い。テラが襲われた吉祥寺、ガリレオとの戦いの高井戸の杉並清掃工場、ムサシノの溜り場ペニーズは杉並区宮前のロイヤルホストなど。

HIP HOP初心者リスナーにオススメの本

 『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』

2018年10月30日に発売された宇多丸氏執筆の本!

これ1冊でつかむ 世界を制した音楽のすべて!
アメリカと日本、双方のシーンをカバーした決定版!

ヒップホップのプロフェッショナル4人(宇多丸、高橋芳朗、DJ YANATAKE、渡辺志保)が、ビギナーにもわかりやすく書かれた入門書的な本。

ヒップホップ・ドリーム

漢 a.k.a. GAMIによる衝撃的自伝!!

俺は新潟に生まれて新宿で育った。親族の会社が倒産して親父は没落、おふくろはアル中になった。最初に警察の世話になったのは小五のときだ。売春婦が警察と追いかけっこするような街でゲトーの究極を学び、中学では地区の不良たちからダーティーなストリートを知った。――そして俺はラッパーになった。

ラッパー・漢 a.k.a. GAMIの初の自伝にして、日本のヒップホップシーンの壮絶なるリアルを描き出す前代未聞のドキュメント。
新宿のストリートで育ったMC漢のHIP HOP DREAMとは?


他にもたくさんありますが自分で掘るのがHIP HOPなので探すのも楽しんでみてください


Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA