schemeのスキルに脱帽!サラリーマンをしなからラップするコとは?

サラリーマンかつラッパーのSchemeさんのバトルスキルに脱帽です!

音源や影響を受けたアーティストを聞いてみました。Schemeさんへのインタビューです。

Schemeとは?

Schemeのスキルに脱帽

(Japanese B-BOY POST:以降J)
初めまして!簡単なインタビューをさせてください!
まずMC nameと名前の由来を教えてくれますか?

(Scheme:以降s)「名前はSchemeです。
MC NAMEの由来は、本名のイニシャルがT.Sなので、TかSでカッコいい!と
思う響きの英単語を探していて、Schemeの意味が『策略』、『たくらみ』と言った意味だったのでこれは
逃がせないと思いつけました(笑)」

(J)なるほどー!常に何かを企んでいる策略家って感じですね!では次に出身地や現在お住まいの地域を教えてもらえますか?

(S)「母親の故郷である沖縄生まれですが、約20年埼玉で育ちました。
今は結婚して、千葉県松戸市に住んでいます。

(J)
ラッパーとしての自分の最大の武器は何ですか?

(S)「人生感&韻」

(J)韻堅いですよね!

■SchemeのArtistとしての経歴とは

(J)
Schemeさんは何年生まれですか?
またラップはいつ頃に始めましたか?

(S)「1987年生まれです。バルセロナのメッシやセスクと同じ年です!

14歳の頃に友達から借りたHIPHOPのアルバムがきっかけでハマって
やってみようと思っていましたが、ずっとカラオケで歌うばかりでした(笑)
ただ、高校生の頃から並行してインターネット掲示板でネットライムや
ラップバトルをしていました。

今でこそツイキャスやSkypeがありますが、当時は掲示板やスレッドで顔の見えない相手と戦っていました。部活から
帰ってきて掲示板を開くとアンサーが帰ってきて嬉しかったのを覚えています(笑)」

(J)いわゆるネットライマーから始めたわけですね!20年前はありませんでしたが、最近はきっかけとしてネットライマーから始めている人は多いですね!全然アリたと思います!音源製作はいつくらいから始めたんですか?

(S)「純粋に自作音源を製作しだしたのは21歳の頃です。23歳の頃に結婚して、嫁から、
「CLUBはチャラいから」という理由でCLUB禁止処分を言い渡されました(笑)

(J)随分若い時に結婚されたんですね!奥さんは心配だったんでしょうね(笑)

(S)「当時、Jack in da boxというCrewを組んでおりました。
21歳~23歳の頃はフリースタイルとは皆無(2010年頃に行ったサイファーでみんな
うますぎて、自分ではできないと決めつけていた)でしたが、時代の流れで世間的にも
ラップやフリースタイルが流行ってきました。
ある日、子供が大きくなってきたこともあり嫁に「やっぱりラップがしたいな」と
言うとあっさり受け入れてくれて、 長い期間ラップして無かったんですけど28歳の頃に再び活動し始めました。サイファーに行きだしたりラップバトルに出始めたのもこの頃です。」

(J)奥さんにも認められた、、ってことですね。
ヒップホップを好きになったきっかけとかあれば教えてもらえますか?

(S)「好きになるきっかけは前述の通り友達から借りたHIPHOPのアルバムでした。
キングギドラの『最終兵器』を借りたのですが、そのカッコよさにやられました。
そこから、K DUB SHINEやZEEBARのソロアルバムもチェックし、そこで客演参加していたアーティストのアルバムなんかも聞いていくうちに、どんどん広がりました。」

(J)ギドラは偉大ですね!fefeaturingから広げていくのはHIPHOPあるあるですね。

(S)「高校生までネットライムやバトルはしてきましたが、当然スレッドは1スレッドに書き込める限界があり、古い投稿は淘汰されていきますので形に残したいと思い音源製作を進めました。
学校でもDJやってるやつがいたのですが、普通に製作云々ではなくヘッズ目線としての話しかしてませんでした。

カムバックするきっかけとしては子育てが落ち着いたことです。2人ともある程度大きくなっていたこともあり、再開しました。途中3人目が生まれましたが、活動を続けながらできました。
フリースタイルやラップバトルに出るようになったのも活動再開後で、これに関しては自分でできないと決めつけていたのでチャレンジしてみようということで始めました。

今でこそラップバトルのイベントで優勝できる様になりました。
(※2019年は3件、2020年1件のイベントで優勝)」

(J)おおーー!凄い!どんなBATTLEでも優勝は凄い事です!

(S)「ただ嫁との間には条件があります。『土日にイベント行くのは月2回まで』です(笑)
これを守っているからこそ再開後、5年維持できています。音楽も大事ですが、自分の場合
もっと大事なのは家庭です。この約束を破ったら、現場から消えて『最近Scheme見ない』
みたいな話になってしまいますね(笑)」
(J)なるほど、その制約があるからこそ

サラリーマンをやりながらラップを続けていけるコツなんですね♪奥様さまさまな部分もありますね。


Schemeさんは家族を大事にするラッパーです。

■Schemeの楽曲とは

(J)
ではイチ推し曲を数曲教えてください。

「 『MIC持つリーマン』です。
当時、新卒1年目に入った会社で関西で活動していた『とらっぷ』という
MCと同じ職場で1人暮らししている場所も近く、Jack in da boxというCrewを組みました。
憂鬱な月曜日とかそういうの吹っ飛ばしたいよねと言うことで作った楽曲です。
2010年の楽曲です。

『MIC持つリーマン』 

(J)男気があり、サラリーマンのリアルがうまく表現されてますね!!盛り上がれる曲ですね♪
他にも紹介してください

(S)「『Nostalgia』を紹介します。
実家に帰った際に、時間があったので長男も1年生になったしと思い、小学校までの
通学路を歩いてみたんですが、色々変わっていて目に見えるものでもこんなに変わって
いるんだなってエモくなってしまいました。もしかすると目に見えることだけでなく、
当時抱いていた大事な純粋さや、考え方も知らない間に変わったのかなという気持ちで作った楽曲です。
TrackはTaronBeatsさんという方ので1度聞いてテーマや内容までスッと入ってきました。
2018年の楽曲です。」

(J)リリックビデオですね!わかりやすいし堅い韻が心地よいですね!懐かしい風景が甦るようです!

■Schemeの曲作りについて

■曲の作り方について■
(J)Schemeさんはどのようにリリックを作っていますか?テーマから決めたり、フリースタイルから作ったり色々あると思いますが。

(S)「自分はまず音ありきで気になったTrackにテーマを照らし合わせて作っています。
実体験、リアルといった内容にを重視しています。」

(J)トラックありきだとフローも合致しますもんね。リリックは常に書いたりしてますか?思い付いたら書く感じですか?

(S)「常には行えていません。もちろん1日10分でも書くことを続けることが大事だとは思っていても
なかなか行動に移せていないので改善したいですね。今は思いついたら書く感じですね。」

(J)思いつけば書くスタンスでも間違いないです!参考になります。

■Schemeが影響をうけたArtistとは

■どんなアーティストでも少なからず他のアーティストから影響をうけています。
長く聴いていたアーティストがどんな人なのか聴いてみましょう。

(J)
影響をうけたアーティストを教えてもらっていいですか?
ファンやプロップスはSchemeさんが普段どんな曲を聴いているか?原点といえる曲は何なのか?気になるとも思いますので教えてください

(S)「万人受けという観点ではKICK THE CAN CREWやnobodyknows+でしょうか。
HIPHOP好きでない人も知っているや聞いたことがあるというのはすごい強み
だと個人的には思っています。自分もHIPHOP界隈以外を取り入れることができないかと
試行錯誤している段階ではあります。例えば、ドラクエ好き向けにはこんなのも制作しました。」

(J)ドラクエ好きにはたまらないですね!影響をうけたのはkick the can crew やnobodyknows+なんですね!

(S)「もちろん、王道からマイナーなラッパーも好きでCDをコレクションしていました。
『社会性』、『失恋』といったものは特に好きでした。
前者で言えば、K DUB SHINEは社会性のあるテーマばかりの楽曲で個人的には刺さってました。
後者で言えば、生きていれば必ず通る道で、そこまでの道のり、どうポジティブになっていくか
含めて気になって男 Feat.女、女 Feat.男あたりはよく聴きいってました。」

□□KICK THE CAN CREW / STEP IN THE DAY
大人気を得た彼らが過去を振り返って、さらに進みだしていく楽曲です。
Trackから聞き入っちゃいましたしストーリー性のあるリリックです。
今でこそ携帯キャリアのメールアドレスなんか使用してませんが、
ずっとBack in the dayをいれてました(笑)

□□さくら / nobodyknows+
これは局目の通り失恋(散った)がテーマなんですが、
『恋という名の覚せい剤 効き目は絶大 隠せない 彼女の切ない瞳』という
リリックで感動したことを覚えております。今でも聴いちゃいますね。

□□理由なき反抗 / K DUB SHINE
いじめられっこが、いじめっこに復讐するというストーリー性に富んだリリックで
学校が気にしているのは生徒ではなく世間体ということで当時学生だっただけに
色んな意味で考えさせられる楽曲でした。
自分はスクールカーストで言えばいわゆる中間層?だったので特にいじめとかは
無かったですが、少年犯罪については昨今も進行形で考えていく必要があります。
Youtubeには無かったのでK DUB SHINE『現在時刻』というアルバムを購入してみてください!」

(J)いい曲ばかりですね!
ちなみに原点といえる曲は何ですか?
(S)「チェリー / スピッツ
音楽に興味を持ったのはスピッツだったんです。小学生の頃にチェリーを歌って、
メロディーから良いなと思っていたのでそのあたりは、今の楽曲製作においても
変わらないのかなと思っています。

そこからJ-POPは一通り流行りのものはHIPHOPにハマるまでは聞いていました。
初めて買ったCDはSHAZNAというジャンルもくそもない状態でした。
モーニング娘にもめちゃくちゃハマってましたよ(笑)
好きだったのは石川梨華でした。」

(J)なるほど!コテコテのヒップホップから入ってないのはコテコテのB-BOY以外の人にも親近感わくと思います!


SchemeさんはKICK THE CAN CREWやnobodyknows+などを好んで聴いて自分のオリジナルに昇華させているようです。

■Schemeのライブ情報

ライブ情報
(J)
ライブが見たい方多いと思います。今もコロナで厳しい部分もあると思いますが、ライブ告知やレギュラーイベント、主催するイベントとかありますか?

(S)「やはりコロナの影響を大きく受けています。なんだかんだ2019年は約25回
LIVEをしておりましたので、LIVEの予定がないのは少し寂しいです。
ちょうど先日、LIVEを久しぶりにしましたが、めちゃくちゃ緊張しました。
今後については今のところ予定はないですが、確定次第SNSで告知させていただきます!」
(J)サラリーマンをやりながらですと凄いライブ数ですね!月約2回をコンスタントにやれるのは凄いです。早くコロナが落ち着いて欲しいですね。

■Schemeのメディア出演

(J)Schemeさんはメディア出演ありますか?

(S)TV出演は「2019年、マツコ会議」、「2017年、ワイドナショー」であります。

(J)え?凄いですね!芸能人ですか?(笑)
マツコ会議とワイドナショーはどのような出演だったんですか?

(S)ワイドナショーは2017年3月に芸能人(まえだまえだのお兄ちゃん、とろサーモン久保田)が
ラップバトルにベントに潜入ということで、ラップバトルに実際に出ていたのですが
私はバトルの一部分と、試合後のインタビューを放送されました。
イベント当日は、30試合ぐらいあったのでその中で自分のラップバトルが使用
される確率は非常に引いと思っていました。ワイドナショーの反響はすごく!当日息子たちと公園に行って帰ってくると知り合いから大量にLINEが届いていました(笑)
せめて勝ち試合で放送されたかったですね!」
(S)凄い!運もありますが、ダウンタウンの松本人志さんが出ている番組に出演なんて半端ないですね。
マツコ会議はどうですか?

(S)2019年11月のオンエアでした。新橋サイファーの取材ということで受けましたが、


これまたそれなりの尺を使用されました。マツコ会議の反響も大変すごく、
翌日取引先の方から「ラップしてんの?」や、「思わずYoutubeでラップバトル調べちゃいました」とか
言われたり、地上波はやはり各方面での影響力がすごいなと感じました。

(J)なるほど!その会でしたか!以前当サイトで紹介したSATO-Cさんも出ていましたね!
あとヒップホップから話しは脱線してしまいますが、Schemeさんは東出昌大と同級生だった、、との情報があったんですが、、?どのような人物だったのかわかりますか?
東出昌大はある意味2020年時の人ですからね。(笑)

(S)「そうなんです同級生です!当時から端正で長身でかっこよかったです。悪い印象は1回も持ちませんでした。
地上波にもよく出るようになってHIPHOP好きなことを知りましたが、当時は
音楽関係の話はしたことはありませんでした。LIVEに来てください!(笑)」

(J)えー、東出昌大さん。Schemeさんのライブにきてください(笑)

■SchemeのMC BATTLE

(J)先程バトルで活躍していたとの事でしたね、いくつかバトルの動画を紹介してもらえますか?

(S)一番再生回数の多いバトルです

(J)熱い!熱いバトルですね!Schemeさんはフリースタイルでも韻かたいですね!!
思い遣りと重い槍の言葉は有名な言葉遊びですがここで出てくるのは人生経験でしょうね!

(S)ありがとうございます。あとは若手でかなりうまい子に勝って優勝したときのです!

(J)うめーー!!そして熱いですね!
こういうバトルは本当大好きです!

■SchemeのRAP以外の活動とは

■ラップ以外の活動とは?

(J)
ラップ以外に活動している事はありますか?

(S)「フットサルです!最近はコロナの影響でできてませんが、同級生を中心とした
フットサルチームも作ってたまに大会に出たりしています。」

(J)健康的ですね♪素晴らしいバランス感覚!

■Schemeからのメッセージ

(J)
見ている人達へのメッセージがあればどうぞ!

Scheme
「今後もやれること(音源製作・LIVE・ラップバトル)を行っていきます!
現場でお会いしたら乾杯しましょう!!
これからもSchemeをよろしくお願いいたします!!!」

■Scheme info

Info
Twitter:
SchemeのTwitter
Youtube:

Schemeチャンネル

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA