Shakka zombieのBIG-OさんR.I.P

ヒップホップユニット・SHAKKAZOMBIEのラッパー・Big-Oとしても知られるデザイナーのオオスミタケシが、1月24日に敗血症で死去したことがわかった。47歳だった。

日本人伝説のラッパーの1人が、逝ってしまった。

間違いなくレジェンドだった。

90年代。情報が少ない時代にも関わらずB-BOYならシャカゾンビは皆知っていた。

Hero the SZに衝撃を受けた。
大神の大怪我に衝撃を受けた。

地球がバックリ割れる声量

でかく怪しい オオスミ様

めちゃくちゃ憧れました。

ラッパーから洋服屋やデザイナーにシフトチェンジしても生きざまがカッコいいというか、ダサい洋服じゃないし、心魂が本当にB-BOYなんでしょうねオースミさんは。

更にラップを忘れるわけではなく、ちょいちょいとリリースする素晴らしい作品にも感動を覚えた。

2018年
モンドグロッソとの曲は本当に鳥肌がたったし、知らぬまに涙もでていた。

10年振りのラップもかっこよく、怪しかったから。

ワレ!生きとったんか!!

ってYouTubeのコメントには、共感と嬉しさが込み上げてきた。

シャカゾンビ“Big-O”ことオオスミタケシさん、敗血症で死去しました。

まだ、、何と47歳
デザイナーとしても活躍していました。

釈迦のメンバーとブッタのメンバーが1人ずつ逝ってしまった。
神だった。

ヒップホップユニット・シャカゾンビで“Big-O”として活動し、ファッションブランド「MISTERGENTLEMAN(ミスター・ジェントルマン)」デザイナーのオオスミタケシさんが、先月24日に入院していた病院にて敗血症のため死去した。47歳。同ブランドの公式サイトで3日に発表された。

スワッガー
フェノンメノン

素晴らしいブランドも後世に残した。

病室でもデザインは続けていたというのだから、頭がさがる。

故人と遺族の遺志により、葬儀等に関しては近親者のみにて執り行われたようです。

今後の予定として、「3月の東京ファッションウィークにて、亡くなる直前まで病室にて製作を進めていた2021年秋冬コレクションをオオスミへの追悼の意を込めて発表、また、コレクション発表の数日後には関係者、友人、ファンの皆さまとのお別れの会を予定しております」とした。

続けて「生前、オオスミの創造を受け止め、深い心で理解して手をお貸しくださった全ての関係者の皆様、そして何よりファンの皆様に心から御礼申し上げます」と結んだ。

オオスミさんはシャカゾンビのラッパーとして活動しながら、ファッションブランド「SWAGGER」(スワッガー)を設立し、2004年から「PHENOMENON(フェノメノン)」ではデザイナーとしても活動。

12年に吉井雄一氏と「MISTERGENTLEMAN」をスタートさせ、16年にPHENOMENONデザイナー退任後はMISTERGENTLEMANを中心にさまざまなジャンルでクリエイションを発揮してきた。

デブラージ、ECD、トコナエックス、、皆さん早すぎます。。

現代の日本語ラップの礎、
JAPANESE HIPHOPの基礎

伝説のラッパー
BIG-O
オースミ
REST IN PEACE