KEY KEA PEEが熱い

2007年にRYUTEKの呼びかけにより結成したアーティスト集団KKP(Key Kea Pee)は一時は20名を超える大所帯となり、時を経て風化しかけた2019年にタイトに変わらぬ温度で各々の生き方をしていたMC陣であるMr.RYOZZ、NOKKIとRYUTEKの3人によりKey Kea Pee(読み方は同じKKP)として楽曲制作を企ているとの事。

https://www.tunecore.co.jp/artist/RYUTEK”>https://www.tunecore.co.jp/artist/RYUTEK

凄いスキル
切れ味のある声は、わかりやすく例えるならTwiggy系

ジョブ助三昧の毎日、NINJASTAラップを自称する孤高のレアキャラMr.RYOZZ。

彼はわかりやすく例えるなら日本版snoop dogg!!

「空海」名義のCDリリースを経て飲食店経営の傍らソロマイカーとして精力的にライブ活動に勤しむNOKKI。

乾いた声が渋い!!そして比喩がうまい!

Key Kea Peeはこの12年間の答え合わせのような話を良くする。それもまた制作。2020年よりアウトプット再始動。

KKPの面々は超!ベテランなのに皆フレッシュ!若手には出せない味もある。

独特!! ストーリー性から察するとHIP HOP崇拝思考なのか? いや、、多分ユーモアでしょう!インパクトあってかつ渋い!!

今後も楽しみなクルーだ

フリースタイル上達法第4章

第4章

■■.フリースタイルラップの上達方と練習場所。■■

フリースタイルの上達で効率的な方法である「サイファー」とは、数人が輪になって(輪にならなくても良いが)集まり順番に即興ラップをしていくラッパー達の「遊び」である。

続きを読む フリースタイル上達法第4章