MCとしての定義2

   MCとしての定義2

ヒップホップにおいてMCとは通常、ラッパーをさす。

もしくはラップはできないがイベントの司会やDJの煽りなどを行う人もMCと呼ぶ場合がある。

マイクロフォンコントローラーと呼ぶ場合もあるし、マイクチェッカー、マスターオブセレモニー(これが一般的な意味かな)の略語と言われている。

 様々なMCの定義とは?

簡単に言うと「マイクを持って話す、場を盛り上げる」のがMCだと思う。

MCとして必要なものとは何か?

極端な話しマイクがあれば誰しもMCになれる。
司会進行、演説、プレゼン、説明、講演などをすればマイクロフォンコントローラーではないか?

しかしヒップホップにおいてのMCはそんなにハードルの低いものでもない。

ラッパーにも様々な種類がある。

日々、自らリリックを書き溜めてラップでライブで思いをぶつけるラッパー。

日々、自らリリックを書き溜め、曲をひたすら製作するラッパー。

あまりリリックは書かないがフリースタイル(即興)でラップをするラッパー。

日々リリックも書き曲も作り、即興でもラップができライブもするラッパー。

人が書いたリリックを指導してもらいながらラップをするラッパー。
などなど。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人が書いたリリックでラップをしているラッパーはラッパーではなく、ボーカリストだと呼んだ方がよい。

それでラッパーを名乗るなら研鑽を重ねているラッパーにあまりにも失礼だからだ。

フリースタイルができないラッパーは実は多い、練習不足や「諦め」の気持ちや「苦手意識」の強いラッパーはフリースタイルが苦手だ。
そして失敗を恥ずかしがる恥ずかしがり屋はフリースタイルに向いてないかもしれない。

しかし、やろうとする意識があればラッパーだ。フリースタイルができないラッパーはボーカリストという厳しいB-BOYもいるが、ラッパーは自分の言葉でリリックを書き工夫している。そしてフリースタイルの意義を理解して、少しでも練習をしているのはラッパーだ。

人に書いてもらってラップをしている人はボーカリスト。
そこがボーカリストとラッパーの違い。

ラッパー=MCという事ではないが、MC=ラッパーという事もない。

ではラッパーとMCの違いとは?

MCは本来司会の意味でもある。
つまりMCはラッパーでありながらイベントの司会もこなしDJのサイドキックもこなせる。

かつパーティーラップだけじゃなく、様々なテーマのラップができるラッパーをMCと呼ぶのが相応しいのかもしれない。

全てのラッパーは司会はできないので司会のできないラッパーはMCとは呼ばなくて良いだろう。そしてパーティーラップやギャングスタラップしか書けないラッパーはラッパー

様々な場面で機転が利くラッパーがMC

知識や情報量、常識を持ち合わせないとMCにはなれない

それ以外にも

MC
としての定義はありそうだ。


MCとしての定義1

新シリーズ!MCとしての定義

 MCとしての定義とは?


新しい読み物として、様々な角度からMCとしての定義をあげていく。

定義とは?何か?
定義(ていぎ)とは、一般にコミュニケーションを円滑に行うために、ある言葉の正確な意味や用法について、人々の間で共通認識を抱くために行われる作業。
一般的にそれは「○○とは・・・・・である」という言い換えの形で行われる。 基本的に定義が決められる場合は1つである。
これは、複数の場合、矛盾が生じるからである。
つまり、MCとは○○である!と言い切らないと定義にはならない。
定義を決めるのは人間だが、人間は十人十色。
ラッパーやBboyではなく、一般人にMCとは?と聞けば
え?テレビとかの司会?
などと答えるだろう。
それも正解だろう。
ラッパーにMCとは?と聞けば
マイクロフォンコントローラーだ!
と答える人もいれば、マイクチェッカーだ!
と答える人もいると思うし、「自分を貫き通すライマー」と答える人もいるかもしれない。
どれもこれも間違っていない。
つまりMCとしての定義は一つではないのだ。
そうなると定義という言葉に矛盾ができるが、矛盾こそがMCとしての定義かもしれない。
日本語ラップ創設期から活躍するラッパーでありDJであり、ビートメーカーやプロデューサーでもあるMURO氏の曲にMCとしての定義をラップした「第三段落97ページ」という曲がある。
そう、MCとしての定義が書かれた本は最低でも第三段落の97ページ以上はあるということ。
MCとしての定義は
ぶ厚い本となりえる。
そんなぶ厚い本のような内容も連載として書いていこうと思う。
そして、ラップを始める若者や人生に行き詰まった人たちのバイブルや参考書になれば良いと思っている。
「いつか手に取ったこんなクソぶ厚い本
内容はもちろん日本」
↑ムロ氏 第三段落97ページより抜粋
歴史や小話を含めた読み物に挑戦したいと思う。
(途中で飽きたらゴメンなさい(笑))




—————————–